シェア

9月14日は熊本県内のバス・電車が無料に!なぜ?

出典元:九州産業交通ホールディングスプレスリリース

出典元:九州産業交通ホールディングスプレスリリース

九州産業交通ホールディングスは、熊本中心市街地に建設中の商業施設「SAKURA MACHI Kumamoto(サクラマチ クマモト)」がグランドオープンする2019年9月14日(土)限定で、県内の関係機関や周辺地域と連携して、公共交通機関を終日無料にすると発表した。

始発から終発までバス・電車が無料に

9月14日の始発便から終発便まで、熊本県内全域の路線バス・コミュニティバス4099便と熊本市電、電鉄電車が無料となる。

空港往復便や県外乗り入れ便などは対象外。対象便一覧は、同社ホームページにて案内している。

同社のプレスリリースによると、県下全域を対象とする公共交通機関の無料化は、全国でも初めての試みだという。

出典元:九州産業交通ホールディングスプレスリリース

出典元:九州産業交通ホールディングスプレスリリース

混雑回避と公共交通機関の利用機会拡大へ

「SAKURA MACHI Kumamoto」グランドオープンによる混雑回避と、同施設への興味喚起、公共交通機関の利用機会拡大を期待しての取り組みだという。

近年、全国の中心市街地で、人口集中や駐車場不足に伴う慢性的な渋滞が社会問題となっている。

同社は、「熊本桜町バスターミナル」を併設する「SAKURA MACHI Kumamoto」のオープン初日の来館者を約10万人と予測。同施設は800台以上収容できる立体駐車場を有するが、中心市街地に過度な混雑を招くことによる周辺地域への影響を懸念し、今回の取り組みを企画した。

グループ内のバス事業者(九州産交バス、産交バス)だけでなく、他の県内バス事業会社(熊本電気鉄道、熊本バス、熊本都市バス)および、熊本市電を運行する熊本市交通局、電鉄電車を運行する熊本電気鉄道・鉄道事業部に取り組みを提案し、同施設の発着に限らない「熊本県内バス・電車無料の日」の実現に至ったそうだ。

無料化の実施に関わる関係各所への費用補填は、九州産交グループが負担するという。

出典元:九州産業交通ホールディングスプレスリリース/SAKURA MACHI Kumamoto(完成イメージ)

出典元:九州産業交通ホールディングスプレスリリース/SAKURA MACHI Kumamoto(完成イメージ)

今回の取り組みを通じて、公共交通機関の利用が慢性的な渋滞など社会問題解決の一助にもなり得るというメッセージを発信。

また、グランドオープンを迎える「SAKURA MACHI Kumamoto」への興味喚起や、普段は公共交通機関に馴染みがない人々の利用機会になることを期待しているという。

さらに、今回の取り組みの結果をもとに各種分析を進め、今後のサービス改善に繋げていく計画という。

【熊本県内バス・電車無料の日】
・利用日:2019年9月14日(土)始発便から終発便まで(土曜ダイヤ)
・対象となる利用者:対象のバス、熊本市電、電鉄電車に乗車する利用者
・利用可能な路線:熊本県内全域の一般路線バス(コミュニティバス・深夜バス含む)、熊本市電、電鉄電車(対象外有り)

※JR、肥薩おれんじ鉄道、南阿蘇鉄道、くま川鉄道、空港往復便(リムジンバス、直行便)、土曜運休便、県外乗入れ便を除く。
※対象便一覧は同社ホームページにて案内

関連タグ:

Posted: |Updated:

Text by 長澤まき

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング