シェア

東海道・山陽・九州新幹線で「特大荷物」持ち込みが事前予約制に。予約なしは1000円

イメージ画像/Adobe Stock

イメージ画像/Adobe Stock

JR東海・JR西日本・JR九州は8月29日、東海道・山陽・九州新幹線に2020年5月中旬乗車分から、一定以上の大きさの荷物を置く「特大荷物置場」を設置して事前予約制を導入すると発表した。

3辺の合計160~250センチが対象

近年、新幹線の車内に大きな荷物を持って乗車する利用者が増えており、2020年には東京五輪が開催され、今後さらに増加が見込まれることから制度の導入を決めた。

対象は、おおむね国際線航空機における有料預入荷物のサイズに相当する、3辺の合計が160センチ超250センチ以内の荷物(以下、特大荷物)。

これを超える大きさの荷物は、従来から持込不可となっている。

出典元:JR東海ニュースリリース

出典元:JR東海ニュースリリース

最後部座席の後ろスペースなどを置場に

特大荷物置場として、客室内の最後部座席後方にあるスペースを2020年5月中旬乗車分から「荷物スペース」に指定する。

2023年度までには、車内デッキ部にある一部の洗面所などを整備して「荷物コーナー」を新設。盗難防止のため二重ロック方式を採用する予定だという。

出典元:JR東海ニュースリリース

出典元:JR東海ニュースリリース

事前予約は追加料金不要、予約なしは1000円

特大荷物置場は、ネット予約サービス・券売機・切符売り場にて、特定の指定席(特大荷物置場つき座席)とセットで事前予約することで利用できる。

予約にあたり追加料金はかからないが、事前予約なく特大荷物を車内に持ち込んだ場合は、持込手数料(税込1000円)がかかると共に、乗務員が指定する箇所に荷物を収納することになる。

特大荷物置場つき座席は、ベビーカーなど荷物置場を必要とする事情がある乗客も利用できるそうだ。

出典元:JR東海ニュースリリース

出典元:JR東海ニュースリリース

予約制度の導入で荷物置場の確保とスムーズな乗降を可能にし、さらに快適に新幹線を利用してもらいたいとしている。

Posted: |Updated:

Text by 長澤まき

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング