シェア

気象庁「災害は使徒のように突然」特務機関NERVの防災アプリが登場、防災情報を国内最速レベルで配信へ

出典元:ゲヒルンプレスリリース

出典元:ゲヒルンプレスリリース

防災気象情報配信サービス等を提供するセキュリティ会社のゲヒルン(東京都千代田区)は9月1日(防災の日)に、「特務機関NERV(とくむきかんネルフ)防災アプリ」の提供を始めた。

気象庁と連携し、利用者に最適な防災情報を国内最速レベルで配信する。

最適化した防災気象情報を迅速に配信

ゲヒルン社は「日本をもっと安全にする」をミッションに掲げ、「安全保障(Security)」を軸に、情報セキュリティ・インフラストラクチャ・防災の3分野で研究開発を行うIT企業。

これまではTwitterで、アプリと同名の災害速報アカウント(@UN_NERV)を運用してきた。

このアプリは、地震・津波・噴火・特別警報の速報や洪水や土砂災害といった防災気象情報を、利用者の現在地や登録地点に基づき最適化して配信するスマホ用サービスだ。

提供する防災気象情報は、気象庁本庁舎等の気象業務支援センターと接続した専用線からダイレクトに受け取ることで情報の信頼性を担保。同社の独自技術により、国内最速レベルの情報配信を実現した。

アプリの名称は、人気アニメ・エヴァンゲリオンシリーズに登場する「使徒」と呼ばれる謎の生命体に対処する超法規的組織「特務機関NERV」に由来。同組織のように、様々な機関と連携しながら災害情報を伝えるという。

迅速な判断・行動を補助へ

被害が予想される地域に居住する人や訪問者が的確に状況を認識し、迅速な判断・行動が取れるよう補助する目的で、同アプリを開発したという。

同社が気象庁から「大雨・洪水警報の危険度分布」に係るプッシュ型通知サービスの協力事業者に選定されたことを受け、同アプリの大雨危険度通知機能を気象庁と協力して開発。

東日本大震災や熊本地震で実家が被災したエンジニアや、防災士の資格を持つデザイナーなど、様々な背景を持つメンバーを中心に開発したそうだ。

出典元:ゲヒルンプレスリリース

出典元:ゲヒルンプレスリリース

様々な機関と連携し防災情報を発信

気象庁は同社のプレスリリースの中で、同アプリについて国民の生命・財産を守るべく防災気象情報を提供するという使命を共にする頼もしいアプリだとして、次のようにコメントしている。

災害をもたらす現象は、使徒と同じように、いつも違った形で突然やってきます。このアプリは、そんな緊急時に、みなさまの避難の判断をしっかりと支援してくれるアプリです。

同社は、今後も防災情報配信のさらなる強化に取り組んでいくとしている。

【特務機関NERV防災アプリ】
・リリース:2019年9月1日
・利用料金:無料
・対応OS:iOS(Android版は後日提供予定)

Posted: |Updated:

Text by 長澤まき

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング