シェア

石灰石が主原料の「減プラボールペン」が誕生!紙やプラスチックの代替となる新素材「LIMEX」を使用

出典元:三菱鉛筆プレスリリース

出典元:三菱鉛筆プレスリリース

三菱鉛筆(東京都品川区)は9月3日、石灰石から生まれた「減プラ」ボールペン「uni LIMEX(ユニ ライメックス)」を同27日に新発売すると発表した。

紙やプラスチックの代替材料として注目される新素材を、世界で初めてペンの軸材として実用化。環境意識の高い企業や法人、団体のノベルティー需要に対応し、11月から受注を受け付ける。

新素材「LIMEX」をペン軸に使用

同商品は、TBM(東京都中央区)が開発した、石灰石を主原料とした新素材「LIMEX(ライメックス)」を用いた油性ボールペン。

石灰石は世界各地に埋蔵量が豊富で、日本においても100%自給自足できる資源だという。

軸材に石灰石を50%以上含む新素材LIMEXを使用することで、同型の従来品と比べ、石油由来プラスチックの使用量を大幅に削減し、天然資源の持続可能な利用に貢献する。

紙の代替材料として使用されるLIMEXシートを製造する際に発生する端材を、このボールペンに再利用することで、資源を無駄なく活用する。リフィルを交換できるので、本体を使い捨てせずに長く使い続けられるという。

 

出典元:三菱鉛筆プレスリリース

出典元:三菱鉛筆プレスリリース

環境負荷を低減した商品を開発

近年、持続可能な開発目標(SDGs)の達成に向けて、企業の環境問題への配慮や対応が求められていると共に、使い捨てプラスチックを巡る議論が国際的に高まっている。

同社は2015年9月にSDGsが国連総会で採択される以前から、環境保全への貢献を目指して商品開発を行ってきた。

2018年9月にTBMと資本・業務提携を結び、環境負荷を低減したLIMEXを用いた商品化の実用に向けて開発を推進してきたそうだ。

出典元:三菱鉛筆プレスリリース

出典元:三菱鉛筆プレスリリース

三菱鉛筆グループは、環境基本方針の理念として、地球環境と企業活動の調和を経営の最高課題の1つとしている。

【uni LIMEX(ユニ ライメックス)】
・品名:SD-LX-07
・ボール径:0.7ミリ
・インク色:黒
・価格:本体価格200円+消費税
・替芯:S-7S(本体価格60円+消費税)

Posted: |Updated:

Text by 長澤まき

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング