シェア

「規格外バナナ」の素材を有効活用へ。鳥取の企業が三重のバナナ加工会社と事業提携

出典元:スマートスターチプレスリリース

出典元:スマートスターチプレスリリース

スマートスターチ株式会社(鳥取県八頭町)は6月9日、天然バナナから抽出したレジスタントスターチを豊富に含む同社の主力商品「スマートスターチ」の活用や商品開発・研究を目的に、三重県伊賀市の株式会社タナカバナナと戦略的事業提携を締結すると発表した。

規格外バナナを有効活用した商品開発に取り組む。

難消化性でんぷんを豊富に含む食素材

食素材「スマートスターチ」は、胃や小腸では消化されず大腸に届く、食物繊維のような機能を持っている難消化性でんぷん「レジスタントスターチ」を豊富に含む食素材だ。

スマートスターチ社によると、レジスタントスターチが豊富に入った天然食物由来の希少な食素材として、食品業界を中心に様々な業界での事業展開が期待されているという。

出典元:スマートスターチプレスリリース

出典元:スマートスターチプレスリリース

出典元:スマートスターチプレスリリース

出典元:スマートスターチプレスリリース

流通外バナナを調達、商品開発へ

今回、バナナの熟成加工および販売等を手がける明治初期に創業した老舗のタカナバナナと、同素材の原材料であるグリーンバナナの仕入れで提携。

同社の提携バナナ農園から、品質は良いが皮に小傷があるなどの理由で流通外となったグリーンバナナを調達する。

同社が培ってきた食品分野の企画・販売リソースを活用し、スマートスターチを活用した商品を開発する。

第1弾として、9月8日からタナカバナナネットショップ・タナカくんで、同素材を活用した落雁(らくがん)の販売を期間限定にて開始した。

出典元:スマートスターチプレスリリース

出典元:スマートスターチプレスリリース

今後は、大学や研究機関との共同研究を積極的に進めていく予定で、タナカバナナ社の事業ネットワークも活用しながら、より実効性のある取り組みを進めていく。

タナカバナナ社の社外取締役で、肥満メカニズムに関する研究が専門の京都大学・森谷敏夫名誉教授監修の下、共同研究を始めるとしている。

関連タグ:

Posted: |Updated:

Text by 長澤まき

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング