シェア

外国人材を直接採用できるチャットアプリが登場。地方・中小企業の人材不足解消を目指す

出典元:jobchainプレスリリース

出典元:jobchainプレスリリース

jobchain(東京都千代田区)は9月9日から、外国人求職者を直接採用できるチャットアプリ「jobchain」の提供を始めた。

登録・利用は無料、完全成果報酬型の同アプリで、地方や中小企業の人材不足解消を目指す。

直接やり取りで地方・中小の人手不足解消へ

近年、日本の企業の約9割を占める中小企業において人材不足が深刻化している。

労働人材として年々外国人労働者数が増加。2030年には200万人にのぼると推定されているが、地方・中小企業の求人情報が十分に発信できていないことや、海外の悪質な仲介業者の存在など、人材不足の解消にはまだ多くの課題が残されている。

このサービスは、企業の採用担当者と日本や海外に住む外国人材が直接やり取りすることで互いに理解を深め、人材難にあえぐ地方・中小企業に就労させることを狙いだ。

日本の人手不足問題を解決すると共に、日本での仕事や生活経験を活かして、多くの外国人のキャリアアップにも助力する。

チャットボットで効率的に採用

アプリでは採用担当者はチャットボット機能により、外国人材と気軽なリアルタイムコミュニケーションが可能に。

履歴書の請求から書類選考、オンライン面接の実施、オフライン面接の日程調整、内定通知まで、一連の採用業務が全てチャットボットで完結するので、効率的でスピード感ある採用が実現する。

企業側の登録・利用・求人出稿は無料。採用が決定した場合、企業が月収の10%を手数料として支払う完全成果報酬となっている。

出典元:jobchainプレスリリース

出典元:jobchainプレスリリース

求人企業だけでなく、仲介業者にあたる人材紹介企業、技能実習生の監理組合等も追加料金なしで自由に求人を掲載することができる。

企業側は求人情報に成果報酬型広告費(アフィリエイト)を自由に設定可能。インフルエンサーマーケティングを活かし、日本や海外に住む外国人の仲間同士・知り合いのネットワークへの拡散が期待できる。

出典元:jobchainプレスリリース

出典元:jobchainプレスリリース

今後は、AIチャットボット機能を強化し、書類選考やSPI審査の自動化や、5G環境におけるリアルタイム同時通訳機能の開発、双方評価機能、電子決済サービスの提供による個人間送金や給与受領などの機能を追加する予定だそう。

サービス開始5年で企業5万社、外国人材50万人の登録を目指す。

Posted: |Updated:

Text by 長澤まき

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング