シェア

世界大学ランキング2020が発表、東大は36位、京大は65位。アジアトップは中国・清華大

清華大学(資料写真)出典元:AdobeStock

清華大学(資料写真)出典元:AdobeStock

イギリスの高等教育専門誌「THE(Times Higher Education)」は9月12日、2020年の「THE世界大学ランキング」を発表した。

日本から東京大学と京都大学の2校が、トップ200入りを果たした。同誌はトップ200について「世界のエリート大学と見なされる」としている。

1位はオックスフォード大学

教育・研究・国際性など5つの分野について、13の指標で各大学のスコアを算出し、92カ国の1300校以上をランク付けした。

世界1位は、前年と同じオックスフォード大学(イギリス)で、4年連続でトップを獲得した。2位はカリフォルニア工科大学(アメリカ)、3位はケンブリッジ大学(イギリス)。

トップ10の顔ぶれは前年から変わらず、イギリスとアメリカの大学が占めている。

東京大学36位、京都大学65位

アジアトップは中国の清華大学(Tsinghua University)で23位。同じく中国の北京大学が24位、シンガポールのシンガポール国立大学が25位と続いた。

日本の大学は前年から7校増え、国立57校、公立11校、私立42校の計110校がランクイン。これは、イギリス(100校)を上回り、アメリカに次ぐ2位のランクイン数という。

東京大学は前年より順位を6つあげ36位。京都大学は前年と同じ65位だった。

公立大学の最上位は横浜市立大学(501~600)。私立大学の最上位は産業医科大学(351~400)だった。

【ランクインした日本の大学】
・東京大学 36位
・京都大学 65位
・東北大学 251~300位
・東京工業大学 251~300位
・名古屋大学 301~350位
・大阪大学 301~350位
・産業医科大学 351~400位
・藤田医科大学 401~500位
・北海道大学 401~500位
・九州大学 401~500位    等

国際性スコアの向上が課題

同ランキング日本版のホームページによると、日本はランクイン数こそ増えているが、ランキング上位での存在感をなかなか強化できていないという。

トップ200に入った大学の数は、日本は2校のみ。一方で、イギリスは28校、中国は7校、韓国は6校、香港は5校となっている。

日本の大学の多くは産業界からの収入や被引用論文のスコアが高い一方で、国際性の低さがランクを下げる要因になっているそう。

THE チーフ・ナレッジ・オフィサーのフィル・ベイティ氏は日本の大学が他のアジア諸国・地域と互角の実力を作るためには、優れた研究者や留学生をひきつけたり、他国の研究者との協力を進めるなどして国際性のスコアを向上させるべきだとして、そのために本格的な投資と将来計画が必要だと指摘したという。

Posted: |Updated:

Text by 長澤まき

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング