シェア

湖池屋が「あえて味付けをしないポテチ」を発売。狙いは「親子の絆」

出典元:湖池屋プレスリリース

出典元:湖池屋プレスリリース

湖池屋(東京都板橋区)は9月17日から、ショッピングサイト「LOHACO(ロハコ)」で、あえて味付けをしないポテトチップス「ポテトの素顔」を限定販売する。

“暮らしを潤す”をテーマにしたこだわりの新商品だ。

素揚げのポテトチップス

「ポテトの素顔」は大きく分けて「じゃがいも本来の美味しさを味わえる」「オリジナルの味付けを楽しめる」「パッケージを折り紙にして遊べる」という3つの特徴を持つ。

じゃがいもを素揚げしたポテトチップスで、まずはそのままのポテトチップスを味わい、それから好みの調味料でカスタマイズできる。

パッケージは折り紙になっており、食べ終わった後、表面のじゃがいものイラストに合わせて折っていくと、じゃがいもがポテトチップスに変わり、最後は花束などの贈り物が完成。最終的にはコンパクトにして捨てられる。

出典元:湖池屋プレスリリース

出典元:湖池屋プレスリリース

親子の絆を大切にするスナック菓子

同社は、この商品を「親子の絆」を大切にするスナック菓子と位置付ける。

近年、女性の社会進出が進んだことによる悩みの1つとして、平日の子どもとのコミュニケーション不足を挙げる母親が多くみられるという。

「子どもと一緒にいろいろな体験をしたい」と思う一方で、現実は「忙しくてとにかく時間が足りない」という状況を、少しでも解決したいという思いから、同社は親子のコミュニケーションを充実させる新商品の開発に取り組んだそうだ。

出典元:湖池屋プレスリリース

出典元:湖池屋プレスリリース

味付けをせずに素材感を楽しめるように仕上げたことで、これまで塩分を気にして子どもに与えることに抵抗があった人も、安心して食べることができる。

好きな調味料や塩加減でオリジナルの味を楽しめ、まるで実験をしているようなワクワク体験に子どもの自由な発想も広がる。

“折り紙にして遊べるパッケージ”で最後に完成する贈り物は3種類。それぞれ「たたんでくれてありがとう」の気持ちを表しているという。

出典元:湖池屋プレスリリース

出典元:湖池屋プレスリリース

同社は発表で「育児に仕事にがんばる女性を応援します。ぜひ親子で楽しみながら、お召し上がりください」とコメントしている。

【ポテトの素顔】
・内容量:50グラム/1袋
・価格:1味×3袋セット441円(税込)/1味×6袋セット882円(税込)
・発売日:2019年9月17日
・販売先:LOHACO限定発売

関連タグ:

Posted: |Updated:

Text by 長澤まき

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング