シェア

関西で人気「飲食店の余剰食材活用サービス」が関東上陸へ!月額980円で月10回外食を楽しもう

出典元:リアーズプレスリリース

出典元:リアーズプレスリリース

リアーズ(大阪市西区)は、飲食店の余剰食材をシェアリングする月額定額制アプリ「FOOD PASSPORT(フードパスポート)関東版」のサービスを10月25日から開始すると発表した。

関東の1都3県で使用できるようになるという。

余剰食材を活用した月額定額フードシェア

フードパスポートは、飲食店のおまかせメニューと利用者をマッチングさせる月額定額制のフードシェアリングサービスだ。

飲食店は利用料金0円で余剰食材を使ったおまかせメニューを提供し、新規集客と食品ロスの問題解決に繋げ、利用者は月額980円で月10回(10食)まで気軽に外食を楽しめる。

飲食店側には、余剰食材を使ったおまかせメニューを提供することで原価率を抑制できるメリットもある。

出典元:リアーズプレスリリース

出典元:リアーズプレスリリース

ユーザーはアプリをダウンロードして支払いを済ませた後、食べたい料理や行きたいお店を検索し来店。

注文ボタンを押した画面を店員に提示すると、掲載されているおまかせメニューが1日1回食べられる。利用には、店によってワンドリンク注文などの条件があるそうだ。

出典元:リアーズプレスリリース

出典元:リアーズプレスリリース

出典元:リアーズプレスリリース

出典元:リアーズプレスリリース

法人プランも同時スタート

同アプリは昨年10月に関西圏でリリースし、現在、アプリ総ダウンロード数は5万超え。1000店舗以上で利用可能で、関東でもすでに500店以上が登録しているという。

食品ロス削減のために、大阪府・大阪市と協定を結んでサービスを運営しており、今後もさらなる食品ロス削減に向けて各自治体との協定締結を検討しているそう。

利用金額の一部をフードバンク等に寄付することもできるという。

出典元:リアーズプレスリリース

出典元:リアーズプレスリリース

10月25日から、従業員の満足度向上と食品ロス解決という社会貢献に同時に取り組める法人プランも始める予定。

同社はプレスリリースで「全く新しいフードロス削減サービスとして飲食店とユーザーの架け橋を担い、外食事業を盛り上げていく」とコメントしている。

FOOD PASSPORT:http://food-passport.jp/

Posted: |Updated:

Text by 長澤まき

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング