シェア

お洒落すぎる“あんこスイーツ”が話題!愛知の老舗「若い人に餡の美味しさを」

Antenant あんスイーツ専門店/Twitter

Antenant あんスイーツ専門店/Twitter

餡(あん)を使ったおしゃれなスイーツについて、あんスイーツ専門店Antenant(アンテナント)を運営する株式会社ナニワに取材した。

名古屋のあんスイーツ専門店が話題

名古屋市中区大須にある「あんスイーツ専門店 Antenant(アンテナント)」のあんスイーツがネット上で話題になっている。

餡(あん)とワッフル、バーを組み合わせた「AFFEL BAR(アッフルバー)」や、ビー玉に見立てたひんやり冷たい水まんじゅう「ビー玉水まんじゅう」(夏季商品)など、餡を使ったおしゃれなスイーツを提供する。

Antenant あんスイーツ専門店/Twitter

Antenant あんスイーツ専門店/Twitter

Antenant あんスイーツ専門店/Twitter

Antenant あんスイーツ専門店/Twitter

ネット上に「すごく綺麗」「色とりどりの宝石みたい」「めっちゃ美味しそう」「食べてみたい」といった声が寄せられている。

創業64年の老舗餡メーカーが手掛けるお店

同店は、愛知県みよし市にある老舗餡(あん)メーカーのナニワが手がけるあんスイーツ専門店。ナニワのアンテナント担当者に話を聞いた。

「あん(餡・An)」をプロデュースし、発信する店「Tenant」、『Antenant』として201712月に名古屋・大須にオープンしました。

あん(餡)を作っているのは、みよし市にある業務用の餡を中心に作っている創業64年になる老舗の製造メーカー・株式会社ナニワです。

若い人たちに餡の美味しさを味わってもらいたいという想いから、アッフルバーのお店「Antenant(アンテナント)」を始めました。

Antenant あんスイーツ専門店/Twitter

Antenant あんスイーツ専門店/Instagram

様々な種類のあんを味わえる

看板メニュー「アッフルバー」のフィリングは、定番商品のあずきや西尾抹茶等に加え、愛知県で採れたイチゴを使った紅ほっぺいちごや爽やかな瀬戸内レモンなど、季節限定の味も随時販売する。

現在はハロウィン用のキャラメルパンプキンを販売中だ。

Antenant あんスイーツ専門店/Instagram

Antenant あんスイーツ専門店/Instagram

Antenant あんスイーツ専門店/Twitter

Antenant あんスイーツ専門店/Twitter

ネット上で話題になった「ビー玉水まんじゅう」は、夏はワッフルの売上が落ちることから「夏に食べたくなる餡(あん)スイーツ」をテーマに試作を繰り返したメニューだという(※9月末で販売終了)。

見た目でお客様を引き寄せるために水まんじゅうに色付けをしてカラフルに仕上げ、上には金箔パウダーをかけ豪華さをプラス。

いろんな味を楽しんでもらえるよう小さめのサイズになっています。2.5寸の小さな舟皿に一つずつ水まんじゅうをのせ、写真が撮りたくなる商品にしました。

Antenant あんスイーツ専門店/Twitter

Antenant あんスイーツ専門店/Twitter

餡子の本当の美味しさを発信

あんスイーツのメニュー開発にあたっては、餡に徹底的にこだわっているそう。

餡はすべて当店オリジナルです。

日本の四季を感じられる全国各地で収穫される素材を使用し、あんこ・ジャム・クリームなどに加工します。たとえば、チョコあん、黒みつきなこあん、ほうじ茶あん、ラムネあんなど今までの「あんこ」のイメージを変えるような食べたことのない「あんこ」を多種取り揃えています。

10~30代女性の来店が多く、来店者の多くが写真を撮ってSNSにアップしてくれているという。

あんこが苦手な方が餡だと気付かずに食べ、食べ終わった後に餡だと知って驚かれるお客様もいらっしゃいます。

Antenant あんスイーツ専門店/Twitter

Antenant あんスイーツ専門店/Twitter

同店に込める思いを、こう話す。

一人でも多くの人に本当のあんこの美味しさをわかってもらえるよう、今後もいろいろな商品を通して発信していきたいです。

【あんスイーツ専門店 Antenant(アンテナント)】
・住所:名古屋市中区大須3-30-25 合点承知ビル地下1
・営業日:土日祝のみ営業
・営業時間:11:00~18:00

Posted: |Updated:

Text by 長澤まき

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング