シェア

10万円台のアシストスーツが発売!「マッスルスーツ」が機能を変えずに個人が買える価格を実現

出典元:イノフィスプレスリリース

出典元:イノフィスプレスリリース

東京理科大学発ベンチャーのイノフィス(東京都新宿区)は11月1日、「マッスルスーツ」の次世代モデル「マッスルスーツEvery(エブリィ)」を発売した。

個人でも購入可能な10万円台という価格で、1日からAmazonとビックカメラで販売を開始。今後、ヨドバシカメラ、ジョイフル本田など店頭展示の販売網を拡大していく。

装着型の作業支援ロボット

マッスルスーツは、東京理科大学工学部機械工学科の教授が2014年に開発した、装着型の作業支援ロボット。

空気を駆動源とする人工筋肉を使用していることにより、なめらかで自然な動きでありながら、最大で25.5キログラム重という強い補助力を発揮する。

人や重い物を持ち上げる、中腰姿勢を続ける、といった身体に負担のかかる作業をする際の動作をアシストし、作業負担を軽減させるとともに腰痛予防に貢献する。

出典元:イノフィスプレスリリース

出典元:イノフィスプレスリリース

重量3.8キロ、機能はそのまま

新たに発売を開始した「マッスルスーツEvery」は、25.5キログラム重の最大補助力で動作をアシストする機能はこれまでと変わらず、重量は3.8キログラムでマッスルスーツ最軽量。

既存モデルである「マッスルスーツEdge(49万8000円)」の3分の1以下の価格を実現した。

出典元:イノフィスプレスリリース

出典元:イノフィスプレスリリース

介護・製造・物流・建設・農業などの作業現場での使用はもちろん、家庭での介護や家事、家庭菜園や冬の雪かきなど、さまざまなシーンで利用できる。

出典元:イノフィスプレスリリース

出典元:イノフィスプレスリリース

【マッスルスーツEvery】
・価格:13万6000円(税抜)
・タイプ:ソフトフィット/タイトフィット
・サイズ・適用身長(推奨):S-Mサイズ(150~165センチ)、M-Lサイズ(160~185センチ)
・本体重量:3.8キロ(カバー含まず)
・駆動源:圧縮空気
・圧縮空気供給方法:手動式空気入れ
※仕様の詳細は商品ホームページにて見ることができる

Posted: |Updated:

Text by 長澤まき

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング