シェア

自動運転タクシーの事業化、損保ジャパンやKDDIなど5社が実証実験へ。2020年夏を予定

出典元:アイサンテクノロジープレスリリース(イメージ画像)

出典元:アイサンテクノロジープレスリリース(イメージ画像)

アイサンテクノロジー(名古屋市)は11月14日、自動運転タクシーの社会実装に向けて同社とティアフォー、JapanTaxi、損保ジャパン日本興亜、KDDIの5社が協業すると発表した。

担い手不足による公共交通の存続危機や、交通弱者への対応といった社会課題を解決するための具体的手段として、自動運転タクシー車両の共同開発と、その運行管理サービスの共同実証に向け合意。

人に優しいユニバーサルデザイン仕様のJPN TAXI車両に自動運転システムを導入、および配車アプリや地図データ、サポートセンターを含むサービス実証実験を共同で進めるという。

2020年夏を目途に実証実験へ

2019年から2020年にかけて、最大10台の自動運転タクシー車両(トヨタ自動車 JPN TAXI車両)を共同開発し、2020年夏を目途に都内におけるサービス実証を実施する。

事業化に向けて、3つのフェーズに分けて段階的に取り組みを進めるという。

出典元:アイサンテクノロジープレスリリース

出典元:アイサンテクノロジープレスリリース

 

出典元:アイサンテクノロジープレスリリース(イメージ画像)

出典元:アイサンテクノロジープレスリリース(イメージ画像)

ノウハウを束ねて安心・安全な体制を構築

事業化の過程においては、自動運転技術やリスクマネジメント、タクシー運行管理など、これまでに培ってきた各社のノウハウを束ね、計画的かつ安心・安全なサービス体制を構築。

同社は自動運転タクシー用の高精度3次元地図の提供、ティアフォーは自動運転タクシー車両の開発等、Japan Taxiは自動運転車両を活用したサービス展開、損保ジャパン日本興亜は自動運転車両向けの保険の提供等、KDDIは5G通信ネットワークの構築・提供等を受け持つ。

出典元:アイサンテクノロジープレスリリース

出典元:アイサンテクノロジープレスリリース

日程や走行ルートなどの具体的な実証実験計画は、確定し次第案内するとしている。

 

Posted: |Updated:

Text by 長澤まき

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング