シェア

【学費無料】六本木にフランス発のエンジニア養成機関「42 Tokyo」開校へ

出典元:DMM.comプレスリリース

出典元:DMM.comプレスリリース

DMM.com(東京都港区)は11月13日、フランスのエンジニア養成機関L’association 42(略称:42)の東京校として、一般社団法人「42 Tokyo(フォーティーツートウキョウ)」を設立したと発表した。

2020年4月に開校予定。2019年11月7日(木)より第1期生の募集を開始する。

誰でも挑戦できる学校

42は、2013年にフランスの実業家が共同で設立したエンジニア養成機関。「挑戦したい全ての人に高い教育を」を理念に、世界12カ国で展開している。

「42 Tokyo」も、16歳以上を前提に年齢・学歴・性別に関係なく、学費無料で誰でも平等に教育を受けられる機会を提供する。

キャンパスは24時間365日開放。授業は学生同士が学び合うピアラーニング方式を採用。カリキュラムは、IT先端企業がセキュリティの問題など新しい課題を世界各地から追加していく仕組みだ。

卒業の概念はなく、レベル0から始まり最高レベル(レベル21)を目指す。

Web上でオンラインテストに合格後、4週間続く入学試験「Piscine」に合格すると在籍資格が与えられる。

出典元:DMM.comプレスリリース

出典元:DMM.comプレスリリース

ヤフー、JALなど多くの企業が協賛

同法人の理事長を務めるDMM.comの亀山敬司会長はプレスリリースで「家庭環境や学歴に関係なく、誰にでもチャンスを与える42の精神に共感して、東京への誘致を進めてきた」とコメント。

当面の運営資金は同社で準備したが、将来は卒業生が成長し稼ぎ少しづつでも寄付をして、次に入る学生の学費を支える、そんな循環が生まれたら良いと思っているという。

11月13日時点でサイボウズ、日本航空、ヤフージャパン、楽天など多くの企業が協賛を表明。引き続き、日本のIT業界の人材の底上げを一緒に見守ってくれる企業からの連絡を待っているという。

出典元:DMM.comプレスリリース

出典元:DMM.comプレスリリース

【42 Tokyo】(2019年11月時点)
・入学:2020年4月予定
・本校住所:東京都港区六本木3丁目2番1号住友不動産六本木グランドタワー24F
・授業料:無料
・応募条件:16歳以上
※募集要項などの詳細は42 Tokyo公式サイトで確認

Posted: |Updated:

Text by 長澤まき

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング