シェア

餃子アピールが凄まじい目覚まし時計が爆誕。王将の人「今日は餃子にと思ってもらえるのでは」

提供:餃子の王将

提供:餃子の王将

ベルの代わりに、餃子をPRする歌や餃子を焼く音が流れる目覚まし時計について、餃子の王将を運営する王将フードサービスに取材した。

餃子の王将のオリジナル目覚まし時計

餃子の王将で開催中の「2020年版 ぎょうざ倶楽部 お客様感謝キャンペーン」で、スタンプを50個集めると貰える「餃子の王将 オリジナル音声目覚まし時計」が、ネット上で話題になっている。

時計の文字板には時刻を示す数字の代わりに、チャーハンや麻婆豆腐など、同店のメニューがプリント。

セットした時間になると、ベルではなく生餃子の美味しい焼き方をフィーチャーしたデュエットソング「2人の餃子」と餃子を焼く音が流れる。

提供:餃子の王将

提供:餃子の王将

ネット上に「衝撃の目覚まし音」「こんなん朝笑ってしまうわ」「起床と共に餃子のことを考えさせる戦略」「毎朝餃子食べたくなりますね!」「ずっと頭の中で流れて困っている」「夢にも餃子出てきそう」など、多くのコメントが寄せられている。

創業50周年を機にキャンペーンを開始

ユニークな餃子の王将グッズはどのように誕生したのか? 広報担当者に話を聞いた。

—–限定グッズがもらえるキャンペーンは、どのような経緯で始まったのですか?

2017年の12月24日に餃子の王将が創業50周年を迎えるにあたり、長年ご愛顧いただいているお客様に感謝を伝えるため、その年の6月から「お客様感謝キャンペーン」を実施したのが始まりです。

—–毎年、同キャンペーンのためにオリジナルグッズを開発?

2017年は、餃子の王将で実際に使っている食器(餃子の皿、ラーメン鉢、料理皿、小皿)と同じものに50周年の記念ロゴをプリントした限定の食器を賞品としました。

翌2018年はラーメン鉢、餃子返し、目覚まし時計、ペアマグカップを賞品としました。

提供:餃子の王将/2020年版キャンペーン 景品一覧

提供:餃子の王将/2020年版キャンペーン 景品一覧

店舗の「壁掛け時計」がモチーフ

—–オリジナルグッズとして「目覚まし時計」を選んだ背景は?

餃子の王将の店舗で使用している壁掛け時計があるのですが、多くのお客様から「欲しい」というご意見を頂戴したため、それをモチーフにしたミニチュア版として目覚まし時計を製作し、キャンペーンの賞品としました。

—–オリジナル目覚まし時計の開発にあたって、こだわった点は?

前述の壁掛け時計をモチーフに、女性にもかわいいと思っていただけるデザインにしました。

流れる歌は、生餃子の美味しい焼き方をフィーチャーした「二人の餃子」というデュエットソングで、毎朝この歌を聴くことで、「今日は餃子にしよう」と思っていただけるのではないかと考えました。

担当者「話題にしてもらい、とても嬉しい」

—–ネット上で話題になっていることについて感想をいただけますか?

「餃子が食べたくなる」や「朝から笑ってしまった」などたくさんの方が興味を持って話題にしていただき、大変うれしく思います。

提供:餃子の王将/2020年版キャンペーンのポスター)

提供:餃子の王将/2020年版キャンペーンのポスター

—–同キャンペーンに込める思い・ビジョンを聞かせて下さい。

創業50周年を超え、長年のご愛顧への感謝とともに、今後も益々ご愛顧いただきたいという願いを込めて実施しています。

2020年版キャンペーンのスタンプ押印期間は12月15日(日)まで。商品引き換えは12月29日(日)までとなっている。

限定オリジナルグッズは数量限定で、無くなり次第他の商品に変更する場合があるそうだ。

Posted: |Updated:

Text by 長澤まき

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング