シェア

声優の社員がいる会社が運営!声優・役者を志す人を支援するシェアハウス「ACTORS HOUSE」に開業、その狙いとは?

出典元:スプリングボードプレスリリース

出典元:スプリングボードプレスリリース

入居者の夢をサポートするコンセプト型シェアハウスについて、運営する株式会社スプリングボードに取材した。

夢のサポートに特化、支援型シェアハウス

東京都内や神奈川県内でシェアハウス・TOKYO HOUSEを運営する株式会社スプリングボードは1月7日、現役の声優・俳優・役者、またはそれらを目指す人々にスポットをあてたコンセプト型シェアハウス「ACTORS HOUSE」を東京都練馬区東大泉にオープンした。

入居者が持つ夢のサポートに特化した支援型シェアハウス第1弾。

家具・家電完備の個室に加え、姿見や演劇等の教本を揃えた共有ルームがあり、入居者同士で台本の読み合わせやボイストレーニングができる。

提供:スプリングボード

提供:スプリングボード

提供:スプリングボード

提供:スプリングボード

「入居者の夢を手助けしたい」と発案

同じ夢に向かって進む人々をサポートするシェアハウスはどのように誕生したのか?

広報の栗原可那子さんに話を聞いた。

—–支援型シェアハウスを発案・オープンした経緯を教えてください。

弊社では2018年9月から、入居時・入居半年後の合計2回インタビュー・写真撮影をさせていただき、弊社HPへの掲載許可をいただくことで、初月の入居費用が無料になる「夢シェアキャンペーン」を実施しています。

ご入居時のインタビューではご自身の夢とそれに向けたプランを、ご入居半年後のインタビューでは目標にどこまで近づいているのか・またそこへ辿り着くためにどのような努力をしたのかをお伺いしています。

TOKYO HOUSEをご利用いただく方は20代~30代の方が多く、その中の半数以上は明確な目標を持って上京・1人暮らしを始めようと決意された方々でした。

そういった方々の目標や夢の実現に向けたヒントになればという気持ちで始めたキャンペーンでしたが、多くの入居者様にご利用いただくうちに、どうせなら夢を広めるだけでなく、少しでもその手助けが出来るようなシェアハウスを作りたいという声が社員の中から上がり、そこで立ち上がったのが「夢支援型シェアハウス」というコンセプトでした。

出典元:スプリングボードプレスリリース

出典元:スプリングボードプレスリリース

声優・役者を目指す人が、住居で練習できる

—–第1弾として、声優・俳優・役者向けの「ACTORS HOUSE」をオープンした理由は?

インタビューの中で、目指すものとして最も多かったのが声優だったためです。

最初は声優志望の方のみのシェアハウスとして企画しましたが、与えられた役を演じるという点では俳優も同様で、むしろ演技に関して違う視点で意見を交換するのも後の役に立つのではと考え、総合して「ACTORS HOUSE」となりました。

また、社内に本業で声優をしている者がいるため、アドバイスを取り入れやすかったという点もあります。

—–同シェアハウスのオープン・運営にあたって特にこだわった点は?

TOKYO HOUSEで運営している物件の多くは、共有部をなるべく減らし、1人1人のプライベート空間を大切にするということが売りだったのですが、今回は演技の道を志す方々が入居される物件ということで、入居者同士で読み合わせの練習や情報交換が出来るよう、居室の1部屋を開放して共有ルームを作ったことです。

練習後は少しでも寛いでもらうために大き目のソファを置き、ボイストレーニングや演技、演出に関する教本、姿見も用意しました。

高い金額を払ってレッスン用のスタジオを借りなくても、住んでいる物件で練習ができる環境を整えることが一番の支えになるのではないかと考えました。

また、喉のケアが重要な職業なので、ささやかではありますが夢への第一歩を踏み出すプレゼントとして、全部屋に加湿器を設置しています。

提供:スプリングボード

提供:スプリングボード

夢を追う人を住まいの面で支える

同社が運営するシェアハウス「TOKYO HOUSE」は、東京で新しい生活を送る人たちを最大限応援するシェアハウスとして誕生したという。

これまでにも、美容家具使い放題の「TOKYO BEAUTY HOUSE」や漫画読み放題の「TOKYO MANGA HOUSE」、体脂肪が下がると家賃が下がる「TOKYO EXERCISE HOUSE」など、個性的なコンセプトハウスを展開。

今後も、夢や目標が達成できるコンセプトハウスを随時企画していくという。

—–特に人気のシェアハウスは?

「TOKYO MANGA HOUSE」です。

漫画喫茶が至るところに開店する中で、お金を使うことなく好きな漫画を読みたいだけ読んでほしいという考えのもと生まれたコンセプトですが、サブカルの拠点も多い池袋まで乗り換え無しで行けることもあいまって、オープン当初から高い人気があります。

満室のときは退去待ちの申込をいただくこともあり、今後増棟の検討案も出ているところです。

現在展開しているコンセプトハウスは全て男女混合となっていますが、他の2物件も含め懸念していた入居者間のトラブルも無く、男女別の管理物件が多い中で混合物件の割合を増やす大きな起点にもなりました。

出典元:スプリングボードプレスリリース/TOKYO MANGA HOUSE

出典元:スプリングボードプレスリリース/TOKYO MANGA HOUSE

—–夢支援型コンセプトハウスに込める思い・ビジョンを聞かせてください。

会社創立から丸2年が経過しましたが、創業当初から変わらず、夢を追って東京に出てくる方、目標のために独り立ちしようと考えている方を住まいの面で支えていくことがTOKYO HOUSEとしての使命だと考えております。

コンセプトハウスに限ったことではないですが、オープンだけで満足せず、入居者様のご意見も取り入れながらより良い環境を作れるよう、今後もアップデートを加えていきたいと思っています。

Posted: |Updated:

Text by 長澤まき

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング