シェア

【資金調達中】放り投げるとパノラマ写真が撮れる球体カメラ「Panono」

Indiegogo/Panono

Indiegogo/Panono

独Panonoが、全天球ボール型カメラ「Panono」についてクラウドファンディングサイト「Indiegogo」で資金調達を行っている。募集締め切りは2014年1月4日。目標金額は90万ドルで、現在約53万ドルが集まっている。

Panonoは、360度×360度の全方位イメージを7,200万画素の高画質でパノラマ写真を撮影することができるボール型カメラだ。撮影方法はPanonoを放り投げるだけ。加速度計が内臓されているので、本体が空中に投げられた際の速度から最高点に達する時間を自動計算。Panonoが最高点に達した最も静止画に近い瞬間に、高所からの全方位パノラマ写真を撮影する。

Indiegogo/Panono

Indiegogo/Panono

撮影した写真は、Panonoの無料アプリを使うことでスマホやタブレットなどにワイヤレス送信ができる。Panono本体に保存できる写真枚数は400枚ほどだ。ちなみに、もしも空中に投げたPanonoをキャッチできずに落としてしまったとしても、通常考えられる高さの範囲内であれば壊れる心配はないとのこと。

Panonoのサイズは直径11cm、重さは300g。対応OSはiOS6.0以降/Android4.0以降。今なら、通常より100ドル安い499ドル(送料込)で手に入れることが可能だ。

きっと、今までのカメラとは違った雰囲気の写真を楽しめるはず。興味がある人はぜひチェックしてみてほしい。

Posted: |Updated:

Text by きつたなお

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング