シェア

リアルあまちゃん登場!? 岩手出身・久慈暁子が、旭化成グループ2014年の顔に!

旭化成  ウェブサイト

旭化成 ウェブサイト

12日、旭化成グループ2014年キャンペーンモデル発表会が都内で行われ、”2014年旭化成グループの顔” に抜擢された現役大学生でモデルの久慈暁子(くじあきこ)が登場。報道陣に水着姿を披露した久慈は初めて取材を受けるそうで、無数のフラッシュに「すごくうれしいけど、緊張しますね」と、照れ笑いしてコメントした。

久慈は、1994年生まれ、岩手県出身の19歳。昨年のNHK朝ドラ『あまちゃん』の舞台・久慈市と同じ名字ということで、報道陣から「リアルあまちゃん」と声をかけられると、「お父さんの出身地が久慈市の近くなので久慈という名字。(震災後)実際にそこへも行きましたが、津波でけっこう流されていました…」とコメント。3年前、高校生だった久慈は、岩手県の自宅で被災、「すごく大きい揺れで停電もして、その夜はラジオで生活をしました。津波がきたということもわからない状態だったのですが、後で電気がついてそれを知って、悲しい気持ちになりました」と、震災当時の状況を振り返った。

久慈は、震災を乗り越え岩手から進学のため上京。街中でスカウトされ芸能活動をスタートしたが、「(スカウトの回数は)覚えてないけど、歩けなかったことがある」ほど、だったとか。今後は、「モデルとしてもやっていきたいし、女優としてもお芝居もしたい。機会があればキャスターもしてみたい!」と、意欲を見せ「3年が経って復興は進んでいると思うんですけど、まだ足りない部分もあると思う。キャンペーンモデルを務めさせていただく中で、みなさんに笑顔と勇気を与えられるような存在になりたいです」と、前向きに語った。

旭化成グループキャンペーンモデルは、過去に松嶋菜々子(1992年)や片瀬那奈(1999年)らを輩出し、久慈は39代目となるそう。今後の活躍に期待したい。

Posted: |Updated:

Text by 夏木りお

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング