シェア

女性に嫌われ仕事が激減!さとう珠緒のブリッ子哲学がタメになる

さとう珠緒オフィシャルブログ

さとう珠緒オフィシャルブログ

22日放送のテレビ朝日『しくじり先生 俺みたいになるな』に、さとう珠緒が登場。ブリッ子キャラが女性に嫌われ仕事が激減したさとうが「ブリッ子哲学」を語った。

10年間で仕事が激減?さとう珠緒が登場!

“しくじり先生”として登場したさとうは、ブリッ子キャラが世の女性たちの反感を買い、2004、2005年の2年連続で「女が嫌いな女」第1位に選ばれ、年間のバラエティ出演本数が2005年の171本から2014年はたった6本まで激減したことを告白。

冒頭からブリッ子全開のさとうに、ノブコブ吉村崇は「大好き、カワイイ」と大興奮。一方、ブリッ子とは真逆の元宝塚・男役トップスターの遼河はるひはついていけない様子で、隣席のハライチ澤部佑から「般若みたいな顔になってる」とツッコまれた。

さとうが語る、ブリッ子が嫌われる理由とは?

さとうは、「ブリッ子が嫌われる理由」として、「可愛い子のブリッ子は、女性に嫌われる」が、「可愛くない子のブリッ子は、女性に嫌われない」と指摘。

さらに、自分が嫌われた理由を「可愛かったから」と話し、遼河は鬼の形相に。

MC若林正恭は「これは、敵、増やすぞ」
澤部「まあまあ、ヒドイ事言ってますね」

さとうによると「女性からの嫌われ度」は、「ブリッ子をしたその場に、男性がいる・いないで大きく変わる」という。

若林「女子の前でも、そうだったの?」
さとう「どっちも!」
若林「……確かにカワイイな」
遼河「ダメだよ!」
若林「ダイレクトに貰うとやられる。人がやられてると思わないけど」と、なんだかんだ言っても、男は「ブリッ子」が嫌いではないことが判明した。

戦隊モノでデビュー、ミニスカポリスでブレイク!

さとうは、デビュー当時から女性に嫌われる要素があったと過去を振り返った。

1995年、22歳で「超力戦隊オーレンジャー」のオーピンク役としてデビューしたさとうだが、「オーピンクのキャラが史上最大のドジキャラだった。”ドジ”は、ブリッ子のひとつの要素なんですが、子どもの母親に嫌われた。私は、応援してくれる子供の横にいるお母さんの存在に気づかなかった」という。

1996年、「出動!ミニスカポリス」に出演。「100%男性層だけを狙った番組です。”エロ”もブリッ子の要素なんですが、結果、視聴者男性の彼女から嫌われた」とさとう。

さとう「”ドジ”と”エロ”、ブリッ子の2つの武器を使いながら、順調に女から嫌われました。トホホ…」
澤部「遼河さんが、頭皮をむしりだしましたよ!」

「ぷんぷん」誕生秘話!ご意見番と対決で…

ブリッ子が定着すると、世の女性が求めたのは「ブリッ子がいじめられている姿」。さとうには、「ブリッ子VSご意見番熟女」という企画が殺到。

ご意見番・野村沙知代、浅香光代、奈美悦子らに対抗するために、さとうが編み出した必殺技が「ぷんぷん!」だったという。

「ご意見番が説教→ぷんぷんで反撃→ご意見番が怒る→結果、番組が盛り上がるということですね」と、もはやベテラン芸人のようなさとう。

しかし、やがて「ぷんぷん」が飽きられると、「ただ女に嫌われる女」という厳しい現実が待っていたという。さとうは「全てのキャラはいじられるうちが華」と名言を残した。

「時代の流れも厳しかった」さとうの分析がスゴイ!

また、さとうは「時代の流れも私に厳しかった」と話し「仕事が激減した大きな理由」として女性AP(アシスタントプロデューサー)の存在をあげた。

「私のデビュー当時は、番組のキャスティングは男性P(プロデューサー)がやっていた。今は、女性スタッフが増えて、直接事務所に電話してキャスティングするのは女性APなんですね」と裏事情を語った。

「番組の出演者を決める会議の際に、男性Pは女性APに『このタレントは女性目線から見てどうなの?』と聞きます。今のテレビ番組は、女性視聴者の割合が多いため、女性の意見を気にするんですね」というさとうに、生徒たちからは「スゴイ詳しい」「勉強になる」という声が。

「その時に、女性APが『私が日本女子の代表よ』と言った顔で、こんな発言をします。『そういう女は、女子キライっすよ!』…つまり、会議の時点で、ホワイトボードから名前が消されてしまう。女性APはスタジオと全然顔が違いますからね。別人格になってますから。(タレント)呼び捨てで」

澤部「こわっ!」
若林「それ言ったら、また今後さらに言われますよ」

さとうは教訓として「嘘でいい、女性APの服ほめろ」と話し、「ブリッ子しても、周囲の女性への気遣いは大事」だと語った。

さとうの哲学・ブリッ子とうなぎは似ている?

さとうは、今後の自分について考えた際、「うなぎとブリッ子は似ていることが分かった」と持論を展開。

「市場に出回るうなぎの99%は養殖で、天然ウナギが占める割合はわずか1%。つまり、あなたの周りにいるブリッ子9割9分が養殖です。彼女たちは計算してブリッ子をやっています!」と指摘した。

さらに、「でも、市場に出回らないけれど、川には確実に1%の天然うなぎがいる。私は貴重な1%の天然ブリッ子です!」と今後もブリッ子キャラを貫くことを宣言し授業を終えた。

話の端々で、分析力の高さと頭の回転の速さが見え隠れしたさとう。今後は、「プロのブリッ子」として、バラエティを盛り上げてほしい。

Posted: |Updated:

Text by 夏木りお

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング