シェア

痛恨のミス!財布、落とした!東京で財布が戻ってくる確率は?

123RF

123RF

8日深夜放送のTBS『カクガリ君!~確率をガリガリ勉強して幸せになろう』は、「人生の裏技」の確率を検証。東京都内で落とした財布が戻ってくる確率、財布が戻る確率を上げる方法を紹介した。

財布が戻ってくる率6割強!しかし現金は…?

「知らない間に財布を落とした!」という最悪の状況。なぜか、そういう時に限っていつもより多めに現金が入っていたりするものだ。

警視庁発表の「平成26年中遺失物取り扱い状況」によると、東京で落とした財布類が持ち主に戻る確率は約63%。結構な高確率ではあるが、財布の中の現金がそのまま戻ってくる確率は35.7%なのだそう。

財布が見つかって喜んでも、必ず中身が無事とは限らないようだ。それでも、3割以上の現金が手つかずというのは、日本ならではの確率なのかもしれない。

戻ってくる確率が上がるかもしれない方法とは?

落とした財布が戻ってくる確率を上げるには「財布の中に笑っている赤ちゃんの写真を入れる」と良いという。

スコットランドの心理学者が、首都・エディンバラに240個の財布をばらまき、拾われる財布の傾向をテストしたところ、戻って来た確率が高かったTOP3は、

1位 笑っている赤ちゃんの写真 88%
2位 カワイイ子犬の写真    53%
3位 幸せそうな家族の写真   48%

ちなみに最下位は、特に何も入っていない(15%)だったそう。

shutterstock

 

「赤ちゃんの写真」が、効果的な理由とは?

実験を行った心理学者は、赤ちゃん=弱い者を傷つけてはならないという人間の潜在意識が働き、財布を拾うという行動に出たのではないかと結論づけているという。

これを受け、宇垣美里アナウンサーは「良心に訴えかけるってことなんでしょうね」とコメント。ご意見番・小藪千豊は「幸せな気持ちに、ちょっとはなれる確率」と語った。

ただ、この結果は「財布が戻って来た」確率であって、中身の現金が無事だったのか?(そもそも、金目の物を入れた財布をばらまいたのか)という肝心な部分はイマイチよく分からない。

でも、「良心に訴えかける」効果を期待して、気休め程度に「笑っている赤ちゃん」「カワイイ子犬」の写真を入れておくのは良いかもしれない。あとは、とにかく財布を落とさないよう(すられないよう)注意するしかなさそうだ。

拾ってくれた人にお礼をするのは義務だった!

また、財布が戻ってきた場合、「拾ってくれた人に中身の5~20%に相当する”報労金”を支払わなければならない」ことが、遺失物法28条で定められているという。

これについて、小藪は「(財布を拾った場合)5~20%を貰おうとすることが出来る…くらいの感覚でしたけど、しなければならないとは思わなかった」と語り、MCムロツヨシも「義務なんですねぇ」と驚いた様子だった。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング