シェア

さかなクン快挙『ファインディング・ドリー』で監修&声優に挑戦!

sakanamain

7/16~全国ロードショーされるディズニー/ピクサー映画『ファインディング・ドリー』の海洋生物監修を東京海洋大学名誉博士・さかなクンが担当したことが分かった。

「ニモ」の続編がこの夏、公開!

第76回アカデミー賞長編アニメーション賞を受賞し、日本ではディズニー/ピクサー歴代興行収入No.1の記録を持つ『ファインディング・ニモ』。

7/16~全国で公開される『ファインディング・ドリー』は、「ニモ」から1年後の世界を描いた待望の続編で、ニモ&マーリン親子の親友ドリーが主人公の冒険ファンタジーなのだという。

さかなクン「海洋生物監修」の快挙!

今回、さかなクンが担当したのは、『ファインディング・ドリー』の“海洋生物監修”。

お魚に関する豊富過ぎる知識と「ギョギョギョ!」という独特のトークで親しまれるだけでなく、東京海洋大学名誉博士を務めるさかなクンのお魚に関する知識の深さには、ピクサースタジオも「ギョギョッ」としたそう。

また、ピクサー作品の監修は、通常は外部に依頼することがないそうなので、今回の“海洋生物監修”は異例の快挙なのだとか。

豊富過ぎる知識で指摘した箇所とは?

さかなクンは、日本語での正しい魚の名前の表現や、海の仕組みに関わることなどについて、細かい視点で監修を行ったという。

例えば、「貝にも目があるのか?」という疑問については、「貝にも眼点という目に当たるものがある」と、アドバイス。

また、劇中に登場する“マカジキ”の表記が“カジキマグロ”と表記されていることを指摘するなど、一般の人では気がつかないであろう箇所について、その知識を使って正しく修正していったのだとか。

特別映像解禁&マンボウ役で声優も!

今回は、さかなクンのインタビュー映像と劇中に登場するお魚たちの特徴を「ギョ紹介」してくれる特別映像も解禁。

さらに、さかなくんは日本語吹替版に、マンボウ役で“声優”としても登場するという。

マンボウは、いつもかぶっている大好きな“ハコフグ”と同じフグ科ということもあり、さかなクンは「マンボウちゃんは世界で最も大きくなるフグの仲間ですので、おお~、こんな偉大なマンボウちゃんの役を頂けて嬉しい!」と、喜びのコメントを語っている。

さかな

キリン「氷結」のCMでは、スカパラとセッションしてサックスの腕前を披露したさかなくん。いつもとは違うシブイ姿は、ネット上で「カッコイイ!」と大評判になったほど。ただ、サックスを始めたキッカケが「吹奏楽部」を「水槽学部」と勘違いして入部したというのがさかなクンらしくて楽しい。

お魚の知識を存分に活かした『ファインディング・ドリー』での、さかなクンの活躍にも注目が集まりそうだ。

■映画『ファインディング・ドリー』公開情報

7/16~全国ロードショー
配給:ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン

©2016 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

Posted: |Updated:

Text by

前の記事を見る

次の記事を見る

注目の記事

Ranking