シェア

小さな命を救いたい…泳げない金魚に手づくりの車いすを贈った男性がTwitterで話題に

Taylor Nocole Dean/Twitter

Taylor Nocole Dean/Twitter

米テキサス在住のユーチューバー、テイラー・ニコール・ディーンさんが自身のTwitterに投稿した“車いすの金魚”が話題になっています。

生まれつき浮袋に障害をもつこの金魚を救ったのは、彼女の友人のデレクさん

魚なのに上手く泳げない

ある日、地元のアクアリウムショップに勤務する彼のもとに、病気のため水中で上手く泳ぐことができないというペットの金魚が持ち込まれたそう。

ダイエット用の器具や水処理も効き目がなかった金魚を救うため、デレクさんはこの特別な車いすを考案しました。

小さな命を救った手づくりの車いす

この車いすはどうやって作ったの?という質問に、デレクさんは以下のように回答しています。

まず水槽で使用する空気線チューブをまず金魚の体の周りに、そして腹の下に椅子代わりのバルブを取り付けました。

それから椅子に金魚の体重と同じ負荷を加えて、上部に発泡スチロールの浮具を付けたんです。

すると金魚はバランスを取りながら泳げるようになりました。

世界が注目した“車いすの金魚”

デレクさんがテイラーさんに送ったメッセージをTwitterで公開すると、このツイートは瞬く間に世界に拡散されることに。

友達が金魚のための車いすを作ったみたい。

・なんて素敵なお友達!
・マントを付けていないスーパーヒーローもいるんだね
・うちの金魚も同じ症状かも。ぜひこの素晴らしいアイデアを広めてほしい!

こうした多くのコメントを受けて、テイラーさんはこの金魚の続報をツイート。

金魚は車いすに慣れてきたみたい。以前よりも快適そうよ。

また最新ツイートでは、金魚に車いすを取り付ける様子をおさめた動画も公開されています。

今後も金魚に関するニュースを投稿していくというテイラーさん。続きが気になる方は、彼女のTwitterをフォローしてみては?

Posted: |Updated:

前の記事を見る

次の記事を見る

注目の記事

Ranking