シェア

ダイソーの音楽好きスタッフに聞く「マジで使える夏フェスグッズ」5選

Daiso

Daiso

7月も後半に入り、本格的な夏フェスシーズンが到来!

フジロックやサマソニ、ロック・イン・ジャパン、ライジング・サンなど、今年も全国各地で数えきれないほどの音楽の祭典が開催されます。

大自然の中や真夏の炎天下で行われる夏フェスでは「自分の身は自分で守る!」が鉄則ですが、今回はその品揃えに定評のある100円ショップ「ザ・ダイソー」さんで、フェス好きスタッフに「持ってたらマジで重宝した夏フェスグッズ」を聞いてきました。

今回、質問に答えてくださったのは株式会社大創産業 広報課中川 深鈴さん。

まずは郊外型と都市型どちらのフェスでも使えるコチラから。以下、中川さんのコメント付きでご紹介します(※表示価格はすべて税抜き)。

・リストバンド2個セット(100円)

Daiso

Daiso

首元のベタつきを防ぎ日焼け対策にもなる“首タオル”は、もはやフェスファッションの定番。お気に入りアーティストのタオルもこれで止めておけば落ちにくいですし、前方の混み合うエリアでも、タオルのずれを気にせず楽しめます。

・レジャーシート(ダイカット、スイカ)(150円)

Daiso

Daiso

お目当てのライブの待機中、ちょっと座りたい時にかさばらない1人分のレジャーシートは、折りたたみ椅子のサブ的アイテムとして。半円形なので2人で並んで座ることもできますよ。スイカの絵柄も夏っぽくて可愛い!

・靴カバー(100円)

Daiso

Daiso

郊外型の野外フェスでは、雨で足場がぬかるんでいることも。また土砂降りで靴の中まで濡れてしまうと歩きにくいし、夜になって寒くてライブに集中できなくなったらもったいないですよね。通常は雨の日の自転車通勤等で、靴の中に雨が入るのを防ぐのに役立つ商品ですが、私自身が夏フェスの急な雨で靴がドロドロになった経験があるので、こちらのアイテムの携帯をオススメさせていただきます。

・折りたたみボトル550ml(カラビナ付)(100円)

Daiso

Daiso

こまめな水分補給は熱中症防止には欠かせません。リュックサックやパンツのベルトホルダーに下げられるカラビナ付きプラボトルは、いつでも水分補給ができる優れもの。軽量だし、飲み終わって中身がなくなったら折りたためるのもポイント高いです。

フェス上級者は翌日のことも考えて前日からケアを怠りません。最後はアフターケアに使えるこちらのグッズを。

・樹液シート(100円)

Daiso

Daiso

ステージ間の移動、踊ったりはねたりで体力を酷使するフェス。思う存分楽しんだ後は足の疲労感がどっとやってきます。宿泊参加のフェスでは連日しっかり楽しむため、樹液シートの使用がオススメです。足の疲れが一旦リセットされると体力的にかなり違ってきますよ~。なお当社で販売している樹液シートは1日分が1パックになっているので、携帯しやすくコスパも良いと思います。

どれもフェスで痛い思いをしたことがある経験者ならではのチョイスですね!

これが5点合わせてほぼワンコインで買えるのはありがたいです。

夏フェスは遠征組も多く、今回ご紹介したアイテム以外にも準備しなければいけないものがたくさんありますが、ダイソーは準備コストを下げるための心強い味方です。国内に3150店舗ありますので、遠征先で忘れ物をした際にも是非お立ち寄りください。フェス会場の近くにある店舗では、こうした便利グッズの特設コーナーを設けている場合もありますよ。

今年のフェス対策は「ザ・ダイソー」でコンプリート!早速リストを作って、近くの店舗へ足を運んでみては?

関連タグ:

Posted: |Updated:

Text by

前の記事を見る

次の記事を見る

注目の記事

Ranking