シェア

1棟43万円から!24時間以内に建築できる3Dプリンター製住宅

ICON

ICON

貧富の格差が拡大する現代には、世界に10億人のホームレスが存在すると言われています。

そんなホームレスを救う新たなプロジェクトが、米テキサス州オースティンで開催中のテクノロジーとスタートアップ企業の祭典「SXSW(サウス・バイ・サウスウエスト)」にて公開され、話題を呼んでいます。

12~24時間で作れる最新型住宅

同地を拠点とするスタートアップ企業「ICON(アイコン)」と社会貢献活動団体「New Story」が、同イベントのソーシャル&カルチャー(社会&文化)部門を受賞した「3Dプリンターで作る家」は、約半日から1日で建てられる最新型の平屋建て住宅。

ICON

ICON

お値段たったの約43万円!

建築費用はたった4000ドル(日本円で約42万6000円)と、家造りにかかる投資が半減することで、世界中のホームレスにシェルターを提供しやすくなるのだとか。

家屋の広さはおよそ37~60平方メートル。内部はリビングルーム、ベッドルーム、バスルームに分かれています。

ICON

ICON

ポーチ部分のみ3Dプリンター製ではないそうですが、一見したところこれが簡易シェルターだなんて思いもしないほど立派な造りですよね。

内部の様子は動画で公開

「アイコン」では今後18カ月の間に、エルサルバドルに約100戸の住宅の建設を予定しているそう。

このプロジェクトが成功すれば、世界各地で家なき人々を救う活動に大きく貢献しそうですね。

Posted: |Updated:

Text by 濱中うらら

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング