シェア

米海軍の大型病院船マーシーが東京で無料一般公開!見学者400人を募集中

病院船マーシー外観

病院船マーシー外観

世界中で災害救援や人道支援を行うアメリカ海軍の病院船「マーシー」が、6月に東京港へ寄港します。

寄港に伴い、日本の内閣府が6月16日(土)に「マーシー」の一般見学会を東京港大井水産物埠頭にて開催。現在、見学希望者(定員400人)の申し込みを受け付けています。

マーシー内(手術室)

マーシー船内(手術室)

マーシーの日本寄港は初めて

発表資料によると、1976年に就航した石油タンカーを改造した「マーシー」は全長272.6メートル(新幹線約10両分)、幅32.2メートル、マスト高40.5メートルの大型船。日本への寄港は初めてです。

今回の見学会では甲板デッキのほか、手術室や病室といった船内の医療施設を公開予定。参加者は約1時間のツアー形式で船内を見学します。

別の場所での集合から解散までの実際の所要時間は約3時間になるそうです。

マーシー内(ICU)

マーシー船内(ICU)

1グループ5人まで申し込みOK

参加希望者は、特設サイト内の応募ページから申し込みが可能です(1グループ5人まで)。

申し込み期間は5月16日(水)~5月27日(日)。

定員400名で、参加無料。申し込み多数の場合は抽選となります。

マーシー内(病室)

マーシー船内(病室)

警備の都合上、当日は手荷物検査および身分証明書の確認があります。

なお、参加者は階段の歩行に支障がないこと、当日の指定時間に集合場所(JR品川駅を予定)に来られることなど細かな条件があります。詳しくは特設サイトで確認してください。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング