シェア

日本人は「通路側」の席が好き…理由は“寝てる人を起こす”ことが苦手だから?

Fotolia

Fotolia

快適な旅を送りたければ、長距離フライトで「通路側」の席を確保せよ。

筆者はチェックインやオンライン予約の際、なるべく「通路側」を指定するようにしています。

総合旅行サイト、エクスペディア・ジャパンがこのたび公開したフライトに関する意識の国際比較調査によると、日本人は世界一「通路側」の席が好きな国民なのだそう。

「通路側」を好む国別ランキング

d3373-161-221189-0

一般的に、機内の座席は「窓側派」か「通路側派」かで好みが分かれますが、日本人では半数以上の53%が「通路側派」と回答。世界で唯一「通路側派」が半数を超えるという結果になりました。

また年代が上に行くほど通路側を好む傾向があるようです。

d3373-161-174699-2

なぜ「通路側」に座りたいのか?

ちなみに機内の窓側や真ん中の席から通路に出る場合、「寝ている人を起こして動いてもらう(24%) 」と回答した日本人の割合は世界最下位だったそう。

d3373-161-656876-4

日本人は乗り物に乗る際のマナーとして、周りに迷惑をかけずに出られるよう「通路側」を選んでいるのかもしれません。

周りに迷惑をかけたくない日本人

このほか、機内で友人・家族・恋人と隣同士になれるよう席の交渉をしたことがあるかという質問については、「ある」と回答した日本人はわずか6%にとどまり、世界でもっとも少ない結果に。

d3373-161-400019-5

こうした結果からも、日本人は誰にも迷惑をかけないようにという気持ちが他国の人たちよりも強いことがわかりますね。

異なるマナーと文化

その一方で、日本人は「機内では裸足になる」という項目でも1位を獲得。これは人前で靴を脱ぐ習慣のない外国の方からすると驚かれる場合も…

d3373-161-827767-7

また「空港や機内で2杯以上のお酒を飲む」では、韓国に続いて2位に。

d3373-161-688621-9

日本人は、飛行機ではお酒を楽しむものといったイメージを持っている人も多いようですが、旅の高揚感でつい飲みすぎてしまう…なんてことがないよう、気を付けたいものです。

狭い空間で多くの人たちが気分良く過ごすには、お互いの文化を知ることが助けになるかもしれません。

関連タグ:

Posted: |Updated:

Text by 濱中うらら

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング