シェア

世界初!新江ノ島水族館で生きた「シラス」を展示中

新江ノ島水族館

新江ノ島水族館

日本の食卓ではよく見かける「シラス」ですが、その泳いでいる姿はめったに見かける機会がありません。新江ノ島水族館では現在、そんな生きた姿のシラスの展示に挑戦中。カタクチイワシやマイワシの稚仔魚であるシラスは、衝撃に弱く、すくい上げただけで死んでしまうため、展示に際しては直接水槽で孵化(ふか)させるという国内でも珍しい試みに挑戦したそうです。

そもそも新江ノ島水族館は、館内でイワシの有数の魚場である相模湾を紹介。日本で初めてマイワシの群泳の常設展示を行なったことでも知られており、この展示はこれまでカタクチイワシの繁殖研究を行ってきた成果ともいえそうです。

キラキラと輝く生きたシラスの泳ぐ姿はとても神秘的とのことなので、これからゴールデンウィークにかけて新江ノ島水族館に足を運んでみてはいかがでしょう。

    Posted: |Updated:

    前の記事を見る

    次の記事を見る

    注目の記事

    Ranking