シェア

ボルボ車が自動ブレーキのデモに失敗!そのまま見物人に突っ込む事故が発生

YouTube/remolachaoficial

YouTube/remolachaoficial

ボルボのセールスマンが、Volvo XC60に搭載された自動ブレーキ(Self Braking)システムの安全性をデモンストレーションしようとしたところ失敗。周囲にいた見物人に突っ込むという事故があった。

ドミニカ共和国のゴシップサイトが動画をアップ

この事故は、ドミニカ共和国のゴシップサイト「レモラーチャ」がアップした動画によって明らかになった。

事故が起こったのは先週のよう。これまでネット内で話題になっていたらしいが、メジャーな海外ニュースメディアに取り上げられじめたのは昨日あたりからだ。

人を感知して自動でブレーキがかかるはずだが

ボルボの自動ブレーキシステムは、周囲の車や人を感知して車が自動的にブレーキをかけるというシステムだ。

動画の中で問題の車は、ガレージから一度バックして出た後に、前進して元の位置に戻る。そこには2人の見物人が立っているが、車は止らずにぶつかってしまう。

YouTube/remolachaoficial


ボルボ社は弁明

ある海外メディアがこの件についてボルボ社に取材したところ、広報担当者より弁明があったとのこと。

それによると、問題の車には人を感知する機能が付いていなかったらしい。人を感知する機能はオプションとして設定されており、それを付けるには3,000ドル必要になる。

下にあるのが「レモラーチャ」がアップした動画だ。

Posted: |Updated:

Text by

前の記事を見る

次の記事を見る

注目の記事

Ranking