シェア

これは欲しい!水筒サイズの「電子レンジ」がアウトドアに最適

WAYV

WAYV

電子レンジを持ち上げてみるとわかるが、非常に重い。その理由は、マグネトロンと呼ばれる発振用真空管が使われているからだ。

そう、太古の遺物ともいえる「真空管」だ。これが大きく、重い。そのうえ、真空管を熱するヒーターや、マイクロ波(これで食物を温める)の発生に必要な永久磁石などが付属しているので、全体がとてつもなく重くなる。

イギリスの会社が小型軽量化に成功

こんな電子レンジの軽量化に、イギリスの「Wayv」という会社が成功した。

「Adventurer」と名づけられたその電子レンジは縦型で、高さ約30cm。大きめの水筒ボトルと変わらない大きさだ。重さは1.2kgで、B5サイズのノートバソコンとほぼ同じ。

出力は200W。液体ならば500mlを、または同程度の量の固形の食べ物を、4分間で温められる。もちろん横に倒して使うこともできる。

WAYV

WAYV

半導体の最新テクノロジーを応用

小型軽量化の秘密は、最新テクノロジーの応用だ。「Adventurer」は従来の電子レンジと違い、横方向拡散金属酸化酸化膜半導体(LDMOS)というものでマイクロ波を発生させる。

このLDMOSとは、早い話、半導体の一種。真空管式のマグネトロンと比べると、とても小さく軽い。

また、これで発生させたマイクロ派でものを温めると均一に温まるので、従来のようなターンテーブルも不要になる。

アウトドアやドライブに

充電式バッテリーが内蔵されているので、アウトドアやドライブなどに便利だ。フル充電で連続30分間使用できる。(たいていの場合は数分ずつ使用するだろうが)

もちろん、家庭用コンセントでも使用化。省スペースの電子レンジとしてキッチンに置いておくこともできる。

Posted: |Updated:

Text by Sophokles

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング