シェア

宇宙飛行士たちが冗談でやった「マネキンチャレンジ」が怖すぎる

facebook/Thomas Pesquet

facebook/Thomas Pesquet

IRORIOでも過去に紹介したが、今、世界中でマネキンチャレンジが流行っている。

人がマネキンになったように動きを止めるマネキンチャレンジ。ネットにはその動画(静止画?)がたくさん投稿されている。

そのマネキンチャレンジに、国際宇宙ステーションの乗組員たちが挑戦した。

静止困難な無重力状態で

無重力の宇宙空間では人もあちこちに浮遊する。ピタリと静止するのは困難だ。ところが国際宇宙ステーションの乗組員たちは、どうにかそれをやったらしい。

フランス人宇宙飛行士のトマ・ペスケさんが、12月29日、彼らのマネキンチャレンジをTwitterに投稿した。同じ動画がfacebookにも投稿されている。

facebook/Thomas Pesquet

facebook/Thomas Pesquet

facebook/Thomas Pesquet

facebook/Thomas Pesquet

マネキンチャレンジが新しい次元に

「私たち乗組員は全員で協力して、マネキンチャレンジを新しい次元に持っていこうとしたんだ」とペスケ飛行士は冗談半分に言う。

「その結果は、SF風の怖さが出た、と思わないかい?」

ちなみにこれが行なわれたのは勤務時間内でなく「休日」だそう。

Twitter上には「これに敵うマネキンチャレンジはない」「マネキンチャレンジは終わった。これが優勝だ」という声が上がっている。

Posted: |Updated:

Text by

    前の記事を見る

    次の記事を見る

    注目の記事

    Ranking