シェア

ヌード撮影に出演したアライグマが急に発情して動物園が大困り

Art-msk

Art-msk

モスクワの動物園が広告会社を訴えた。広告撮影用に貸し出したアライグマが、ヌードモデルと共演したおかげでエッチになっちゃったというのだ。撮影から動物園に戻ったアライグマは、人間の女性の胸に異常な興味を示しているという。

ヌード撮影とは聞いていなかった

訴訟を起こした動物園は、ロシア・モスクワにある子供向けふれあい動物園。動物たちは人に撫でられることに慣れているので、商業用フィルムの撮影によく貸し出される。

その動物園のアライグマ、トーマス君は、昨年8月にArt-Mskという広告会社が制作する広告ビデオに出演した。動物園の担当者ヴィクトル Kiryukhinさんは「ノーマル」な撮影だと聞いていため、何も心配しなかったと言う。ところが、撮影から帰ったトーマス君の様子がおかしかった。

裁判所に提出された文書によると、アライグマは「精神的外傷を与えられ」ており、「人間の女性の胸にばかり夢中になっていた」そうだ。

エッチになったアライグマ

そんなトーマス君を見たヴィクトルさんは、制作された広告ビデオをオンラインで見た。すると、上半身裸の女性モデルが、トーマス君を抱き上げ、胸に抱きしめるシーンがあった。

動物園側は広告会社にそのビデオを削除するよう求めたが、広告会社が拒否したので今回の提訴に至った。動物園側は、トーマス君の精神的外傷は「エロチック」なビデオ撮影によるものと主張している。また、トーマス君の異常行動によって動物園の女性スタッフが被害を受けているという。

エロチックではないと反論

一方、訴えられた広告会社Art-Mskは、問題のビデオはロシアの放送倫理規定に違反しないノーマルなもので、決して「エロチック」ではないと反論している。また、撮影現場でトーマス君がモデルのブラジャーを持って逃げ回ったことを指摘し、撮影以前からトーマス君には女性の胸への執着があったのではないかと主張している。

なお、問題のビデオは現在YouTubeから削除されている。Art-Mskのサイト(ロシア語)に、画像のみが残っている。

Posted: |Updated:

Text by

前の記事を見る

次の記事を見る

注目の記事

Ranking