シェア

歯に色がつかない透明なコーヒーがイギリスで発売される

clrcff.com

clrcff.com

なんと透明なコーヒーがイギリスで発売された。コーヒー好きを悩ませるものに歯の着色があるが、このコーヒー「CLR CFF」(クリア・コーヒー)ならその心配はない。

着色しないコーヒーが飲みたかった

これを開発したのはスロヴァキア人の兄弟、デイヴィッド・ナジさんとアダム・ナジさん。

デイヴィッドさんは開発の意図を次のように説明する。

「僕たちはコーヒーのヘビードリンカーなんです。それで、コーヒーで歯に色がつくのに困っている。他のコーヒー好き人たちも同じではないかと思います。ところが、市場を見渡しても、この悩みをちゃんと解決できるものは売られていない。そこで自分たちで作ることにしたんです」

A post shared by Clear Coffee (@clrcff) on

水出しコーヒーのように濃い

見た目はコーヒーに見えないこのコーヒー、味はどうなのだろうか?

ロンドンの夕刊紙「EveningStandard」が記事として取り上げている。それによれば、「味は濃く、水出しコーヒーに似ている」そうだ。

そのままアイスで飲んだり、お酒と混ぜてカクテルを作るのにいいらしい。

A post shared by Clear Coffee (@clrcff) on

原料は豆、水、カフェインだけ

「CLR CFF」が紹介されたインスタグラムには、「どうやって作るんだ?」というコメントが寄せられている。英米のニュースメディアも、製法についてナジ兄弟に質問している。

しかし、それは企業秘密だそう。ただ、「物理的な方法しか用いていない。化学的な薬剤は一切使っていない」とのこと。

原料はアラビカ豆100%と水とカフェインのみ。保存料や安定剤、甘味料なども使われていない。値段は200mlで3ポンド(約410円)と、ちょっと高めだ。

イギリスのスーパーでは新発売キャンペーンが行なわれている。

A post shared by Clear Coffee (@clrcff) on

関連タグ:

Posted: |Updated:

Text by

前の記事を見る

次の記事を見る

注目の記事

Ranking