シェア

KFCが来週、チキンバーガーを宇宙に送り込む

KFC/YouTube

KFC/YouTube

まだ正確な日程は発表されていないが、6月21日かそれ以降、KFCのチキンバーガーが宇宙を飛ぶことになっている。

スパイシーなチキンが飛ぶ

KFC社の発表によれば、宇宙を飛ぶ予定になっているのは「ジンガー・チキン・サンドイッチ」。米国ではジンガー・バーガーとも呼ばれているものだ。日本のKFCでは扱われていないメニューで、チキン・フィレ・サンドに似ているが、チキンの衣がクリスピータイプで、スパイシーな味がついている。

このジンガーが特製の容器に格納され、米ワールドビュー社が開発したスペースバルーン「Stratollite」に載せられて宇宙に向かう。そして、宇宙を背景にしたチキン・サンドイッチをカメラが撮影し続けるのだ。

KFC/YouTube

KFC/YouTube

22キロ上空に4日間滞在

KFCのアナウンスでは「宇宙へ」ということになっているが、チキン・サンドイッチを載せたスペースバルーンが上昇するのは地上約22キロという成層圏の中。天文学的な視点からは宇宙と言えないだろう。だが、そこからの景色は明らかに宇宙を感じさせるに違いない。

このジンガー・チキン・サンドイッチ、予定では地上18キロ〜24キロの高度を保って4日間飛行し、その後地上に帰還することになっている。

冗談交じりの壮大な宣伝キャンペーン

チキン・サンドイッチを宇宙に飛ばすことに、何の意味があるのか?

今回スペースバルーンを飛ばすワールドビュー社の社長Taber MacCallum氏はこう言っている。

「確かにチキン・サンドイッチが搭載されるのは、ちょっと笑えるね。でもまあ、言ってみれば、マーケティングの1つの実験だよ」

早い話、KFCの壮大な宣伝キャンペーン、ということなるらしい。

成層圏に滞在する間、チキン・サンドイッチに対して何らかの実験が行なわれるわけではない。だが、太陽光発電装置やハイテク機器がふんだんに組み込まれたスペースバルーン「Stratollite」にとっては、重要な試験飛行になるそうだ。

スペースバルーンの打ち上げ時から帰還までのチキン・サンドイッチの様子は、KFCの特設サイトでライブ中継される。

Posted: |Updated:

Text by Sophokles

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング