シェア

日本の曲も!アナログレコード5万枚分の音源がネット上で無料公開

イメージ画像/Donnie Ozone_flickr

イメージ画像/Donnie Ozone_flickr

マルチメディア資料のアーカイブ閲覧サービスで知られた米国の非営利団体「インターネット・アーカイブ」が、約5万枚分のアナログレコード音源をデジタル化し、無料で公開している。

コレクターやレコード会社の協力で

1898年頃から1950年代にかけて発売されたアナログレコードは約300万タイトルといわれる。メガヒットを記録してCDなどで復刻されたものもあるが、ほとんどが忘れ去られ、今やレコード自体が劣化して2度と聴けなくなりつつある。

そんな古い録音をデジタル化して後世に残そう……というのが、インターネットアーカイブが進めている「The Great 78 Project」だ。

レコードコレクターやレコード会社の協力を得て進められているこのプロジェクトは現在、20万枚を超えるアナログレコード(シリンダーレコードを含む)の寄贈を受け、そのうち5万枚分のデジタル化を終えた。サイト上で公開されている。

ジャズからクラシックまで

サイトは英語表記だが、レコードタイトルは「Free 20’s Jazz Collection」「BEETHOVEN: Piano Concerto No.5」といった感じなのでブラウジングしやすい。

該当ページに行った後は、上部に大きく表示された三角形の再生ボタンを押すだけでストリーミング再生が始まる。中にはダウンロードできるものもある。

曲のジャンルはジャズやブルース、クラシック、フォークソング、古いラジオの録音などと幅広い。日本のものも12曲あった。

どれにもアナログレコードならではのプチプチというノイズが入っている。そこには、現代のクリアな録音とは違った独特の味がある。

Posted: |Updated:

Text by

前の記事を見る

次の記事を見る

注目の記事

Ranking