シェア

写真家がシェアした「ゴミで埋め尽くされたカリブ海」の画像がショッキング

Caroline Power/Facebook

Caroline Power/Facebook

カリブ海といえば、多くの人が青い美しい海をイメージするだろう。だが実際には、深刻な「海洋ゴミ」の被害が広がっている。

ホンジュラスを拠点に活動する水中カメラマンが最近、Facebookに写真を投稿した。写っているのは青いカリブ海ではなく、プラスチックゴミの海。それがショッキングだ。

延々と続くプラスチックゴミ

写真を投稿したCaroline Powerさんはこれまで、海洋自然保護をテーマに活動を続けてきた。

Facebookに投稿された写真は、カリブ海に浮かぶロアタン島とキャオス・コチノス島の中間地点で撮影されたもの。プラスチックの包装紙やフォーク、ペットボトルなどが帯状に延々と続いている。

最も美しいとされるダイビングスポットだが

写真にはいくつかのゴミの流れが写されているが、その中で最悪のものはロアタン島から24kmの海域にあったもので、長さが8kmほど。キャオス・コチノス海洋保護区に向かって流れていたという。

その辺りはカリブ海の中で最も美しいとされているダイビングスポットだそう。

海は窒息させられている

「人間の出すゴミによって、海はゆっくりと窒息させられ、死に向かっています。私が愛している海がそんなことになるのは、見るに耐えられません」Powerさんは海外メディアの取材を受けてこう言っている。

「ゴミは1度海に捨てられてしまうと、回収するのが非常に困難になります。だから、ゴミが海に入らないようにしなければいけない。そのために、地球的規模でゴミ問題に取り組む必要があるのです」

Posted: |Updated:

Text by Sophokles

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング