シェア

がん治療費を払えなくなったシングルマザーを救ったのは、離婚した夫とその妻だった

Nicola Hitchen’s Lifesaving Cancer Treatment/Facebook

Nicola Hitchen’s Lifesaving Cancer Treatment/Facebook

がん治療を受けていた1人のシングルマザー。生きるために治療を続けなければならなかったが、貯金が底を尽き、治療費を払えなくなった。

絶望的な状況の中で、彼女に救いの手を差し延べた人がいた。それは彼女にとって意外な2人だった。

末期がんのシングルマザー

イギリス・チェシャー州に住むNicola Hitchenさん(40歳/写真)は2人の子を育てるシングルマザー。今年3月にステージ4の子宮頸がんと診断され、医者から余命4カ月と告げられた。

だが、彼女は希望を捨てず、抗がん剤治療に臨む決心を固めた。7月から始まった抗がん剤治療は、10日間の抗がん剤投与を5回行なうもの。治療は順調に進み、期間半ばで腹部の腫瘍はほぼ消滅、他の部位の腫瘍も大幅に縮小した。

ところが、問題が発生。5回の抗がん剤治療にかかる費用が80,000ポンド(約1,191万円)。彼女に全額を払う貯蓄はない。となれば、治療を中断するしかない。

意外な人からの助け

追い詰められた状況から彼女を救った人がいた。別れた夫のAndy Hitchenさんと、彼が再婚した相手Clare Hitchenさんだった。

2人はクラウドファンディングサイトでNicolaさんの境遇を訴え、治療費の不足分50,000ポンド(約744万円)の寄付を募った。活動は地元の新聞でも取り上げられた。

離婚しても家族と同じ

募金活動を始めた理由について、前夫の再婚相手であるClareさんはこう語っている。

JoeとJake(Nicolaさんが育てている2人の子供)は、私の義理の息子でもあります。Nicolaは私の夫の前妻であり、JoeとJakeにとって素晴らしい母親です。彼女は苦しい抗がん剤治療の中で、いつも自分のことより息子たちのことを優先させていました。

それにJoeとJakeは、私たちの3歳の娘にとって素晴らしいお兄さんです。娘はJoeとJakeが大好きなんです。

Nicolaの貯金は底を尽き、生きるための治療が続けられなくなっていました。放っておくわけにはいきません。息子たちには母親のNicolaが必要です。

善意は現在も受け付けており、すでに目標額を超える50,234ポンドが集まっている。

Posted: |Updated:

Text by Sophokles

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング