シェア

ビックリ顔が普通の顔!フォロワー3万人の珍しい猫

curiouszelda/Instagram

curiouszelda/Instagram

普段の顔が「ビックリした顔」という珍しい子猫、Curious Zelda(好奇心一杯のゼルダ)が、海外SNSで人気を集めている。

アニマルシェルターに保護されていた猫

子猫のZeldaはアニマルシェルターに保護されていたメス猫で、今の飼い主はイギリス・ロンドンに住むMatt Taghioffさん(31歳)。どんな時もきょとんとした、ビックリしたように見える顔が可愛らしく、写真が公開されているTwitterアカウントには3万人を超えるフォロワーがついている。

A post shared by Curious Zelda (@curiouszelda) on

「私のビックリ顔にビックリしないで」

Taghioffさんは今から3年前、ロンドンのベックナム地区にあるアニマルシェルターに保護されていた子猫のZeldaを引き取った。

その時にTaghioffさんが見た里親募集の広告には、「私のビックリ顔にビックリしないで」というキャッチフレーズがついていたそうだ。

A post shared by Curious Zelda (@curiouszelda) on

「シェルターで最初に彼女(Zelda)と会ったとき、僕を見た彼女は驚いた顔をしていました。だけど、その表情とは反対に、僕に懐いてきたんです」とTaghioffさんは言う。

「その日、他の猫は見ずに彼女をもらうことに決めました」

A post shared by Curious Zelda (@curiouszelda) on

すぐに家族の人気者に

Taghioffさんがビックリ顔のZeldaを家族や友人たちに見せると、みんなが笑い出したそうだ。そして、他の話をしていても話題は必ずZeldaに戻ったという。

これをきっかけでTaghioffさんはTwitterに写真の投稿を始めた。今はInstagramにも投稿している。

A post shared by Curious Zelda (@curiouszelda) on

写真を見たユーザーからは、「古いディズニー映画のミッキーの目に似ている」、「時空の先を見通しているようだ」、「なんて美しい目をしているんでしょう」、「この顔を見ればどんな人間も和んじゃうよ」といった声が寄せられている。

A post shared by Curious Zelda (@curiouszelda) on

A post shared by Curious Zelda (@curiouszelda) on

Posted: |Updated:

Text by

前の記事を見る

次の記事を見る

注目の記事

Ranking