シェア

極寒のカナダで熱湯のしぶきが氷になる動画が美しい

Viva Frei/YouTube

Viva Frei/YouTube

極寒カナダのユーチューバーが、熱湯が一瞬にして空中で氷になる様子を撮影し、YouTubeにアップした。

ムベンパ効果を実証するために

ある状況下においてお湯の方が水よりも短時間で凍るとされる「ムペンバ効果」と呼ばれる現象がある。カナダ・ケベック州に住むユーチューバーDavid Freiheitさんは、このムペンバ効果を実証するために、バケツの熱湯を氷点下28度の空中に放り投げた。

Davidさんは満足できるシーンが撮影できるまでに丸1日かかったそうだ。

ロブスターを煮るための大鍋で湯を沸かし、それをバケツに入れて何度も湖に駆け下りました

日が暮れかけてもう終わりにしようと思っていた頃、お湯に赤インクで色を付けてやってみると、空中で凍った形がはっきり分かるようになり、ムペンバ効果を実証するような理想的なシーンが撮れました。

ビデオの中でDavidさんは、バケツの熱湯を自分の頭上に弧を描くように放り投げている。

氷点下28度の外気に触れた熱湯は、その瞬間細かい氷に変わり、地上に落ちることなく雲のように流れていく。その幾何学的なフォルムには不思議な美しさがある。

Viva Frei/YouTube

Viva Frei/YouTube

Viva Frei/YouTube

Viva Frei/YouTube

「ムペンバ効果」はあくまで仮説

ムペンバ効果はタンザニアの高校生エラスト・B・ムペンバが調理の授業中に発見したものとされている。アイスクリームミックスを凍らせるときに、冷ましたものよりも熱いものの方が先に凍るのを見たのが発見のきっかけだったそう。

この現象は、効率的に再現するのが難しいため、科学の分野ではひとつの仮説という扱いをされている。また、なぜ高温の水の方が早く凍るのかについても、十分な説明はされていない。

Posted: |Updated:

Text by Sophokles

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング