シェア

ラグビー国際大会に現れた「アボカド男」が試合より注目される

World Rugby Sevens/Twitter

World Rugby Sevens/Twitter

オーストラリアで開催中のラグビートーナメントで、アボカドの仮装で応援する男性が出現。愛嬌たっぷりのコスチュームがファンたちの人気をさらった。

オフィシャルのツイッターから広まった

アボカドおじさんは、シドニーで開催中の7人制ラグビー国際大会「HSBC ワールドラグビーセブンズシリーズ」の観客席に現れた。

愛嬌たっぷりのその姿を、ラグビーセブンズのカメラマンが捉え、オフィシャルのツイッターとFacebookに「これまででベストのコスチューム」とコメントして投稿。

1月26日の投稿はSNSで話題になり、「いいね」の数は9,000を超え、4,000回以上リツイートされている。

ポッコリお腹が種

このコスチューム、何と言っても、アボカドの種に見立てたポッコリお腹がポイントだ。

普通なら隠したいところだろうが、そこそこ手間を掛けたであろう“自腹”の応援に、笑ってしまう人は多いのではないだろうか。

ツイッターユーザーからは「これは素晴らしい」「天才的だ」と言った賞賛のコメントや、「トーナメント試合を超えてレジェンドになった男」というコメントが寄せられている。

一方で、「最悪のコスチューム」「頭に焼き付いて離れない悪夢のようだ」といった否定的な声もある。

チームメンバーやサポーターにも人気

アボカドおじさんは、当日の会場でも人気者だったよう。出場したチームやサポーターたちと撮った写真がツイッターに投稿されている。

海外メディアによると、アボカドおじさんは試合のテレビ中継でインタビューを受けて放映されたそうだ。

Posted: |Updated:

Text by Sophokles

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング