シェア

髪の毛で描いたヘア・アートがリアルすぎる

Midhun ARTS/Facebook

Midhun ARTS/Facebook

髪の毛で絵を描こうなどと思う人はめったにいないだろう。吹けば飛んでしまうし、細密な部分を描くのも難しそうだ。

ところが、Midhun R.R.さんというインドのアーティストが、それを見事にやってのけている。何千本もの短い髪の毛を使って、細密なポートレートや動物を描く彼の技術には驚かされるばかり。

針で髪の毛を並べる

Midhunさんが作品制作で使うのは、キャンバスとなる白い紙と、髪の毛、そして柄のついた長い針だ。

まず紙の上にひとつまみの髪の毛を置き、柄のついた針で形を整えている。下の動画は制作の様子を映したものだ。編集で時間短縮されているので簡単そうに見えるが、実際は大変な作業だとMidhunさんは言っている。

髪の毛はあらかじめ化学薬品に浸して、扱いやすくなるように工夫している。また、描く絵に応じて、必要な長さに切ったものを何種類も用意するそうだ。

出来上がった作品はガラス板に挟んで、形が崩れないようにする。

手法はすべてオリジナル

Midhunさんは、髪の毛で描画する手法を自分一人で考えたという。ブログにこう書かれている。

髪の毛だけを使って白黒の絵を描く手法は、私が考案した独自のものです。これまで色々やってみて、髪の毛を思った通りの位置に置くのは非常に難しいと分かりました。そこで、髪の毛を化学処理して扱いやすくしたのです。

化学処理に使う薬品は、肌に直接触れると湿疹、かぶれ、アレルギーなどを起こすので、注意しなければいけないそうだ。

髪の毛のアートはMidhunさんの多彩な才能の一つ。他にもペーパーカッティングや豆粒アート、コーヒーで描く絵などを発表している。

Posted: |Updated:

Text by Sophokles

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング