シェア

132年前に海に放たれた世界最古の「瓶入り手紙」が砂浜を散歩中の家族に発見される

Western Australian Museum/Facebook

Western Australian Museum/Facebook

オーストラリア西部の島、ウェッジ・アイランドで、浜辺を散歩していた家族が世界最古のボトルメールを拾った。

132年前に海に放たれたもの

その手紙は古いジンのボトルに入っており、1886年6月12日に海に放たれたものだと書かれている。

▼西オーストラリア博物館が掲載したボトルの写真

これを見つけたTonya Illmanさんは、飾りとして本棚に置くのにちょうどいいと思って拾ったそうだ。その時のことをこう話している。

「一緒にいた息子のガールフレンドが栓を開けてみると、湿った手紙が、丸めて紐できつく縛られた状態で入っていました。家に持ち帰って、乾かしてからよく見ると、色あせて薄くなったドイツ語の文字が手書きしてありました」

その後、彼女と夫のKymさんは、瓶を西オーストラリア博物館に持ち込んで鑑定してもらった。

海流調査の一環だった

この手紙を見つけたらドイツ海軍天文台(German Naval Observatory)か、最寄りのドイツ政府機関に報告して欲しい——手紙にはこういう内容が書かれていた。

手紙を精査した西オーストラリア博物館によれば、この瓶入り手紙は132年前に行われた大掛かりな科学調査の一環であったとのこと。

ウェッジ・アイランドの砂浜から1,000キロ離れたインド洋で、「Paula」という船から、これと同じ数千もの瓶が海に放たれた。目的は海流を調査するためだ。これまでに世界各地の海岸で650の瓶が発見され、ドイツ海軍天文台に報告されている。

こうしたことは、ドイツ政府の公式資料の中にすべて記録されていた。

世界最古のボトルメール

西オーストラリア博物館によれば、これまでに発見されているボトルメールでもっとも古いのは108年前のものであるとのこと。

今回見つかった132年前のものはその記録を塗り替えて、世界最古のボトルメールとなった。

この瓶は、今後2年間、西オーストラリア博物館に展示される。

▼右の展示ケースに入っているのが世界最古のボトルメール

 

関連タグ:

Posted: |Updated:

Text by Sophokles

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング