シェア

自殺志願者を守るために大型トラック13台が一致協力

Twisted Truckers/Facebook

Twisted Truckers/Facebook

米国ミシガン州で、一致協力した13台の大型トラックが歩道橋の下に並び、飛び降り自殺志願者を思い止まらせるという珍しい出来事があった。

高速道路に架かった歩道橋で

4月24日の午前1時頃、ミシガン州オークパーク市の州間高速道路696線に架かる歩道橋に自殺志願者らしき男がいるという通報が、ミシガン州立警察署にあった。

現場に到着した警察は、すぐさま歩道橋の下を走る高速道路の交通を遮断し、自殺志願者の説得にかかったのだが、それと同時に、男の安全を確保するための策を講じた。その方法がユニークだ。

(デトロイトのチームワーク……歩道橋の上の白い服の男は自殺しようとしていた。それを防ぐために、トラックドライバーたちが一列に並ぶ)

現場の写真をトラックドライバーたちが共同運営するFacebookページに投稿したChris Harrisonさんによると、警官が近くのトラックドライバーたちに声をかけて回り、協力を求めたそうだ。

「警官がやって来て、6、7台のトラックドライバーに声をかけて、歩道橋の下まで誘導したよ。反対車線でも同じことをやっていた」とHarrisonさんは言う。

大型トラックをセーフティネットに

こんなふうに歩道橋の下に大型トラックが並べば、例え男が飛び降りても、落ちる先はわずか数メートル下のトラックの荷台の屋根だ。

ミシガン州立警察のMichael Shaw警部は海外メディアの取材を受けて次のように言っている。

「男が万一飛び降りても大丈夫なように、トラックで一種のセーフティネットを作りました」

「近くにいたトラック13台のドライバーたちは、見ず知らずの男を救うために、喜んで協力してくれました」

歩道橋の下にトラックが並ぶ現場写真は、ミシガン州立警察のツイッターでも公開されている。

自殺志願者は無事

警察は午前1時から午前3時頃まで男の説得を続け、自殺を思い止まらせることに成功した。警察によれば、男は家族とのトラブルが理由で自殺する気になったとのこと。

その後男は、近隣のBeaumont病院に収容された。

Posted: |Updated:

Text by Sophokles

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング