シェア

亡くなったホームレス女性には億を超える貯金があった

写真AC

写真AC

路上で亡くなったホームレス女性に、日本円にして1億円を超える預金があることがわかり、レバノンの警察は驚いている。

町の誰もが知っていたホームレス女性

この件を報じた海外メディアによれば、亡くなったのはFatima Othmanさんという女性。

レバノン北部のAkkar県にあるAin Al-Zahabという町で路上生活を続けていた彼女は、地元の警察や住人たちによく知られた存在だった。

だが、その彼女が億を超える財産を持ちながらなぜ路上生活を続けていたのか、誰もわからず首を傾げている。

ごみ収集袋の中に36万円と通帳

打ち捨てられた自動車の中で死亡していた彼女を調べた警察は、彼女の所持品である2つの黒いごみ収集袋に入っていた紙幣を発見した。金額は50万レバノン・ポンド。日本円にして約36万7000円だった。

さらに驚くことに、地元銀行の通帳が見つかり、そこには17億レバノン・ポンド(約12億円)を超える貯金があった。

警察のJoseph Musallem広報担当官によれば、52才だった彼女の死因は心臓麻痺であり、不審な点は何も認められなかったとのこと。ただ、現金と通帳については「とても驚いた」と海外メディアに話している。

残高が記された通帳のページや袋の中の現金の写真は、MetroThe Sunなどの記事で確認できる。

地元では有名だったOthmanさん

亡くなったOthmanさんは、地元ではちょっとした有名人だった。今年3月にレバノンの兵士が、手足が不自由な彼女に水を飲ませてやっている写真がツイッターに投稿され、それが話題になったからだ。

この兵士は、ホームレス女性(Othmanさん)に見せた同情と親切で、軍から表彰されている。

地元住民たちは彼女の貯金について、「集まった寄付金ではないか」と推測しているようだ。

なぜ路上生活を続けた?

警察はOthmanさんの家族を探し出し、家族による葬儀が行われる予定になっている。

行方不明になっていたOthmanさんが億を超えるお金持ちだったことに、家族も驚いている。それほどのお金がありながら、なぜ彼女が路上生活を続けていたかということについては、家族もよく分からないそうだ。

Othmanさんは1975年 〜1990年のレバノン内戦中に被害に遭い、両手足が不自由になっている。「それ以来、路上で物乞いをして暮らすことしか考えられなかったんでしょう」と家族はコメントしている。

関連タグ:

Posted: |Updated:

Text by Sophokles

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング