シェア

児童公園でブランコと合体した20歳男性、救助隊の努力で無傷で救助される

Ipswich East Police/Twitter

Ipswich East Police/Twitter

20歳になる男性が子供用ブランコの座席にハマって動けなくなり、消防隊と警察が出動して救出した。

そんなコメディドラマのような事件が、イギリスで実際に起こった。

警察に「助けて!」

5月23日午前7時50分、英国サフォーク州イプスウィッチの警察に緊急通報があった。市内にあるLandseer Parkという子供のための公園から、男性が助けを求めていた。

警察が現場に駆けつけると、公園のブランコに座っている男性がいた。

彼の名前は公表されていないが、年齢は20歳、子供用ブランコに座ったはいいが、座席にお尻がハマってしまい、「押しても引いても」抜け出せなくなってしまった。

彼は、可哀想に、1時間近くブランコと格闘し、ついに諦めて緊急通報の999番に電話したという。

救急隊が座席を分解

現場の警察官も、最初は座席を押したり引いたりしたが、ハマったお尻はどうにも抜けない。

応援要請を受けた消防署の救急隊が工具一式を携えて到着し、約40分かけてブランコの椅子を慎重に分解。20歳の男性が無事に救出された。

お尻は、無傷だった。

助け出された男性は救急隊に感謝し、照れながらも笑顔で写真に写っている。

「本隊のこの日最初のお仕事は、若い男性がブランコに囚われた! 消防救急隊が救助、怪我はなし、ブランコにも損傷なし、男性は恥ずかしがりながらもとても喜んでいた!」

「年齢に合った遊具で遊びましょう」

このユーモラスな出来事を、英国の著名メディアBBCニュースも取り上げている。

Helen Burchellという記者がTwitterでIpswich警察に質問しているのだが、それに対する警察の回答もユーモアがあって面白い。

質問:警察からこの男性に向けて、何か思いやりのあるアドバイスはありませんか?(Helen Burchell)

回答:年齢に応じた遊具で遊ぶようにしましょう (Ipswich East Police)

Posted: |Updated:

Text by Sophokles

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング