シェア

ベトナムで完成したファンタジーな橋がステキ

smashpop/Instagram

smashpop/Instagram

ベトナム・ダナン市の郊外にある歩行者用の橋が、観光客の人気を集めている。

その理由は、巨大な石の手に支えられているようなファンタジックなデザインだ。

A post shared by Jason 😀 (@smashpop) on

ベトナムのゴールデンブリッジ

ベトナム語で「Cau Vang」、英語ではGolden Bridgeと名付けられたその橋は、ベトナムの観光名所の一つバーナーヒルズ(Ba na hills)にある。今年6月に完成、一般客向けにオープンした。

A post shared by Tournesoul (@tournesoul.me) on

海抜1,400メートルの高さに架けられた全長500メートルの橋からは、周囲の海や野山の素晴らしい風景が見渡せる。

橋の両サイドの柵はその名の通り金色に塗られ、歩道に沿って紫のロベリア(キキョウの一種)が植えられている。

巨大な手はファイバーグラス製

この橋の一番の特徴は、巨大な手に支えられているようなデザインだ。

ドイツのランドスケープ・プランニング会社TA Landscape Architectureが、設計・施工を行った。

A post shared by jo0osephine (@jo0osephine) on

石造りのように見える手は、実は石ではなく、ファイバーグラス(ガラス繊維)でできている。同社の広報担当者は海外メディアにこう話している。

「我々はまず手の骨格をデザインして組み上げ、それを金属の網で覆いました。そこにファイバーグラスを吹き付け、最後に表面の質感が出るように塗装しました。橋の完成までには1年かかっています」

観光振興に注力するベトナム

海外メディアによると、近年ベトナムへの観光客が急増し、同国では観光ブームが起こっているそうだ。

ベトナム政府は日本円にして約240兆円規模の観光振興プロジェクトを推進中。ダナン市バーナーヒルズに造られたこの橋も、そのプロジェクトの一環だ。

現在、バーナーヒルズには年間150万人の観光客が訪れているそうだ。

A post shared by seon.mi :) (@90_seonmi) on

関連タグ:

Posted: |Updated:

Text by Sophokles

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング