シェア

英でダウン症の19歳女性がビューティーコンテストで優勝する

The Ultimate Beauty Of The World - International Beauty Pageant/Facebook

The Ultimate Beauty Of The World - International Beauty Pageant/Facebook

ダウン症の19歳がイギリスの国際ビューティーコンテストに出場し、ティーン部門で見事に優勝した。

モデルを目指す19歳

北アイルランド・ベルファストに在住するKate Grantさんは、イギリスで2014年から開催されているビューティーコンテスト「Ultimate Beauty of the World」に参加し、このほど開催された決勝大会で優勝が決定した。

このコンテストでは、参加者の外面的な美しさだけでなく、個性的であるかどうかも選考のポイントになる。ジュニア部門、ティーン部門、シニア部門の3部門があり、Kateさんが優勝したのはティーン部門。

Kateさんはモデルを目指しているが、これまでに挫折を経験している。モデル志望であることをソーシャルメディアで公にしたところ、話題にはなったが、多くのネガティブなコメントを受け取ったという。それについて彼女の母親Deidre Grantさんはこんなふうに言っている。

「昨年の10月、KateのFacebook投稿が拡散されて話題になり、ラジオ番組にも出演してモデルになる夢を話したところ、ネガティブなコメントが大量に寄せられました。理由は彼女にダウン症があるからです。それでKateは、目の前でいくつもの扉が一斉に閉じられたように感じていました」

ビューティーコンテストへの誘い

だが悪いことばかりではない。イギリスのBBC放送がそんな彼女に注目し、ドキュメンタリーシリーズの一話として取り上げた。

それを見たビューティーコンテストのディレクターが、Kateさんに参加してみないかと持ちかけたそうだ。

▼右はコンテストのディレクターTaylor-Rae Hamiltonさん

彼女のもうひとつの願い

母親のDeidreさんは言う。

「コンテストの決勝で3位と2位がアナウンスされ、次にKateの名前が呼ばれた時、私は床にへたり込みそうになりました。そして『彼女は審査員全員の心を奪いました』という審査講評を聞かされました。

Kateは世界で最初にビューティコンテストで優勝したダウン症の女性でしょう。彼女はこれを踏み台にして、心身に障害がある人たちがごく普通に暮らせる社会づくりを考えています。それは、彼女がこれまで続けてきた個人的なキャンペーンなんです」

Posted: |Updated:

Text by Sophokles

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング