シェア

28年前に看護師として世話をした未熟児が、同じ病院にドクターとして戻ってくる

Stanford Children's Health - Lucile Packard Children's Hospital Stanford/Facebook

Stanford Children's Health - Lucile Packard Children's Hospital Stanford/Facebook

米国カリフォルニア州パルアルト市のLucile Packard小児病院に勤める看護師Vilma Wongさんは、28年前、1人の未熟児の男の子を担当し、無事に退院するまで世話をした。

今、その2人は同じ病院で働いている。

ベテラン看護師が新任の医師に見覚え

Vilmaさんはこれまでの32年間、看護師としてLucile Pachard小児病院の新生児集中治療室で働いてきた。

8月の始め、同じ病院にやって来た新任ドクター・Brandon Seminatoreさんを見たとき、彼女は妙な感じを受けたという。

2人が最初に会ったのは新生児集中治療室。保育器の側に立っていた見かけない顔のドクターに、ベテラン看護師の彼女のほうから声をかけた。

そして話すうちに、ドクターが28年前にこの病院で生まれたこと、さらに、彼女が担当した未熟児であることが分かった。

母親から担当看護師の名前を聞いていた

Vilmaさんは海外メディアにこう話している。

「彼の名前を聞いた時、もしかすると、と思いました。

昔、同じラストネームの赤ちゃんを担当したことを覚えていたんです」

人の名前を覚えるのが得意というVilmaさん。

「それで私はこう尋ねました、ひょっとしてお父さんは警察官じゃありませんか、と」

すると彼は驚いて長い沈黙の後、「もしかしてあなたはVilmaさん?」と言った。

生まれた時わずか1044グラムの体重だったSeminatore医師は、この病院の新生児集中治療室に入っていた。当時の担当看護師の名前はもちろん知るはずがない。

だが、母親から話を聞いており「病院に勤め始めたらVilmaという名前の看護師さんを探してみなさい」と言われていたそうだ。

しかし、30年近くも前のことなので「Vilmaさんまさか同じ病院に居るとは思っていなかった」とSeminatoreさんは言う。

病院が28年前のVilmaさんとSeminatoreさんの写真を公開している。

運命は回っている

Seminatoreさんは、Vilmaさんとの再開を「非現実的な体験」と形容している。

メディアの取材に「運命は回っている、という感じがありました。未熟児で生まれた私が未熟児のケアをするドクターになり、未熟児だった私をケアしてくれた看護師とともに働いている。そう思うと不思議な感じがします」と答えている。

Posted: |Updated:

Text by Sophokles

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング