シェア

盗まれたドーナツ配達車を取り戻した警察が、積荷の大量のドーナツをホームレスに配る

Clearwater Police Department/Facebook

Clearwater Police Department/Facebook

盗まれたドーナツ店の配達車を奪回した警察官たちが、そのお礼に食べ切れないほどのドーナツをもらい、お腹を空かせた町の人たちに振る舞う——こんな絵本のストーリーのような出来事が米国フロリダ州で実際にあった。

盗まれたドーナツの配達車

10月17日朝、フロリダ州レイク・シティで、クリスピー・クリーム・ドーナツのバンが商品配達中に盗まれた。

通報を受けた警察が捜索したところ、同日午後にレイク・シティから310キロ離れたクリアウォーター市のクレスト・レイク公園で発見された。

このことを報道した海外メディアによれば、発見されたバンは鍵がかかっておらず、中には配達されるはずだった大量のドーナツがそのまま残されていたとのこと。

お礼にもらったドーナツ

クリスピー・クリーム・ドーナツの店長はバンが戻って来たことに喜び、お礼としてそのドーナツ全部を、発見してくれたクリアウォーター警察の警官たちに提供した。

警官たちはもちろん、自分たちのおやつとして少しは食べたというが、そのほとんどをクリアウォーター市内のホームレスに無償で配った。

 

同警察署のFacebookにはこう書かれている。

盗まれたバンに積まれていた何十個もの美味しそうなドーナツを、店長は警官たちにくれた。

皆んな後で食べるために2〜3個とっておいたが、それ以外は全部、ホームレス援助のために寄付した。そのドーナツは警察署の横で、毎晩配られることになっている。

Posted: |Updated:

Text by Sophokles

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング