シェア

親指だけで造形した「アルミ缶」アートが精巧すぎる

noahdeledda/Instagram

noahdeledda/Instagram

機械で作ったとしか思えない複雑なパターンのオブジェを、親指一本で手作りしてしまうアーティストがいる。

米国フロリダ州で活動するNoah Deleddaさん。彼はアルミ缶を親指で凹ませて、幾何学模様を浮き彫りにしていく。機械や道具は一切使わずにだ。

View this post on Instagram

A post shared by Noah Deledda (@noahdeledda) on

何年ものトライアル&エラーの末

もちろん、一朝一夕にできるようになるものではない。「何年ものトライアル&エラーの結果だ」とNoahさんは自身のサイトに書いている。

凹ませたり、山の部分に折り目をつけたりして、正確に、バランスの取れた対象的なデザインを作って行きます。

これは決して簡単なことでなく、できるようになるまで何年ものトライアル&エラーと練習が必要でした。

僕は、特殊な道具を使わず、複雑な手法も使わず、手だけで作り上げることにこだわりました。そして、親指一本を使います。そのやり方は、円筒形の缶の形状によく合っています。

View this post on Instagram

A post shared by Noah Deledda (@noahdeledda) on

View this post on Instagram

A post shared by Noah Deledda (@noahdeledda) on

退屈から生まれたアート

海外メディアから「これを見た人たちの反応は?」と訊かれたNoahさんは、「こんなものはこれまで見たことがない、とよく言われる」と答えている。それに続けてこんなことも言っている。

けれどそんなことはない。誰だって、潰されたアルミ缶くらい見ているはずだ。ただ、こんなふうに潰されてはいないだけでね。

缶を潰すという力を、クリエイティブな方向に使えばアート作品になる、と彼は考えている。

View this post on Instagram

A post shared by Noah Deledda (@noahdeledda) on

こんなユニークなアート手法は、退屈から生まれた、とNoahさんは言う。フロリダ州のオーランドからタンパ・ベイの自宅に帰る車のバックシートに乗っていて、何もすることがなかった時……

いじって遊ぶスマホがなかったので、飲み終わったレッドブルの空き缶をいじり始めたんだ。それに出来ていた凹みを見て、意図的に凹ませれば何かの形状を作れるぞ、と思った。それを覚えていて、家に帰ってから実際にやってみたんだ。

そのアイディアを作品にするまで何年もかかったが、今、彼の作品は、1点2,000ドル(約22万4000円)で売れている。

View this post on Instagram

A post shared by Noah Deledda (@noahdeledda) on

Posted: |Updated:

Text by Sophokles

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング