シェア

1泊560万円の豪華海中ホテルがモルディブにオープン!部屋のアクリルパネルは香川県の企業が製造

designmilktravels/Instagram

designmilktravels/Instagram

コンラッド・ホテルが運営するリゾート、コンラッド・モルディブ・ランガリ・アイランド(The Conrad Maldives Rangali Island)に、世界初という海中ヴィラがオープンした。

ベッドルームは海の中

モルディブの現地語で珊瑚を意味する「Muraka」と名付けられたそのヴィラは2階建。2階部分は海上にあるが、1階部分はインド洋の海中5メートルに沈んでいる。

View this post on Instagram

A post shared by Petrie PR Luxury Lifestyle (@petriepr) on

2階にあるのはプライベートのアスレチックジムやバー、ダイニングルーム、海とひと続きに見えるプール(インフィニティ・プール)などだ。専属の執事の部屋も2階にある。

海中にある1階はベッドルームになっている。ドーム状の透明アクリルに覆われていて、泳ぐ魚や海底の珊瑚を直接見ることができる。

View this post on Instagram

A post shared by Spiczka Marketing Group (@dspiczka) on

1泊5万ドル

この海中ヴィラの「1泊」のお値段は5万ドル。日本円にして570万円ほどだ。専属の執事と豪華な食事、そしてプライベートのボートが付いているとはいえ、相当高い。

しかも、1泊だけでは利用できず、最低でも4泊しないと予約できないそう。

ヴィラはランガリ・アイランドのリゾートと繋がっており、そちらには海中レストラン(こちらも世界初)がある。

View this post on Instagram

A post shared by neelofa.fans (@lofa.world) on

約17億円のプロジェクト

海外メディアによれば、この海中ヴィラはコンラッド・ホテルが1500万ドル(約17億円)かけたプロジェクトらしい。

モルディブの海洋環境を破壊しないよう、海中に沈む1階部分は全てシンガポールの陸上で作り、それを船で運んだという。

水圧に耐えるドーム状の透明アクリルは、世界中の水族館の水槽などを手掛ける日本の企業・日プラ株式会社(本社・香川県三木町)の製品が採用されている。

Posted: |Updated:

Text by Sophokles

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング