シェア

車ごと川に転落して閉じ込められた運転手、車内でなんとか呼吸を続けて奇跡的に生き延びる

CHP - Yreka/Facebook

CHP - Yreka/Facebook

米国で、川に落ちた自動車が約5時間後に引き上げられ、車内に捕らわれていた男性ドライバーが無事に救出されるという出来事があった。

裏返しになった自動車

12月12日午前5時22分、米国カリフォルニア州ワイリーカ市のハイウェイパトロールに、川に車が落ちているとの通報があった。

その川は同州シスキュー郡を流れるクラマス川で、落ちている車は赤いフォード・フュージョン。完全には水没しておらず、裏返しの状態で浮かんでいるとのことだった。

ハイウェイパトロールと警察、救急レスキュー隊が現場に到着すると、通報通り裏返しになったままハザードランプを点滅させている車が見つかった。

引き上げた車の中に人が

すぐに牽引用のトラックが現場に呼ばれ、車は岸に引き上げられた。その作業に2時間かかっていたので、中から生きた人が出てきた時、その場にいた全員が驚いたという。

車内の空気を吸って生き延びていた

無事に救助されたドライバーはMichael Finnさん(28歳)。彼の話によると、車が川に落ちたのは12日午前3時頃。落ちた後、裏返しになった車内でなんとか呼吸を続けて生き延びていたそうだ。

救出されたのは同7時55分。それまで5時間以上経過していたことになる。

今回の救助活動に携わったシスキュー郡レスキュー隊の司令官Bob Gianniniさんは、これまで勤務した20年でこのような生存者が見つかったのは初めてだと言っている。

我々の誰もが、まさかあのような状態の車の中に生存者がいるとは思っていませんでした。車は岸から15フィート(約4.6メートル)離れたところで、車輪を上に向けて裏返しになっていました。

車ごと川に落ちた具体的な原因はまだ調査中だが、カリフォルニア州ハイウェイパトロールはこの出来事をプレスリリースとしてFacebookに投稿し、「路面が凍結する夜間にはスピードを落とすように」と一般ドライバーに呼びかけている。

Posted: |Updated:

Text by Sophokles

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング